診断の実際〜貯蓄編(一括編)〜


 


<以下の商品を送付したのちのやり取り>

SHK(添付ファイル)
SHK(Q&A)(添付ファイル)
withprofit
circus capital

------------

<松下さんからのメール>

たくみさん、こんばんは!
今日は、久しぶりに午前様にならずに済みました。。。。。
毎日、連日24時を回る日々です。保険たくさん掛けとかなきゃ???
なんて・・・・・・

お送りいただいたCircusCapitalですが、なかなかいろいろな商品があるんですね。
(当たり前か。(笑))
仕事から力尽きて帰って来てから、毎夜パソコンに向かって送っていただいたメールや、たくみさんのHPの貯蓄編の内容を何度も読み返しては、少しでも理解を深めようと悪戦苦闘の毎日です。(笑)

 

>お疲れ様です。
>住宅系の仕事っすか。
>丁度、今「貯蓄診断??」をやっている方が「不動産投資」(アパート1棟を競売に
>て購入、運営)たるものをやっているとの事でしたので、自分なりに色々調べてい
>た所です。

>一つの結論をいうと…

>・余程信頼の出来る不動産屋さん(友人が好ましい)でないと、素人は手を出すべきではない

>DCF法等…出来れば自分で判断の出来る眼がないと、キツいもの…
>な〜んて思っています。
>(って、不動産投資系は全くノーマークだったので、自分はモロ素人意見っすけどね)

>不動産投資系の営業もされるのでしょうか?

私の表現が悪かったですね。
勤めているのは、普通の住宅会社です。
営業を担当しておりまして、いろいろなお客様にお会いするうちに、「住宅」については、みなさんいろいろな業者の商品・仕様を比べて研究するのに、なんでたぶん住宅の次に大きな買い物になるであろう「生命保険」は比較検討しようとしないんだろう???
それが、「保険」というものに興味を持ちはじめたきっかけです。
それで、偶然たくみさんのHPに辿り着き、「貯蓄編」なる怪しげな?(笑)コーナーを見つけ、今日に到っております。

不動産投資系の商品については、まったくノーマークです。
DCF法なんてはじめて聞きました。
たくみさんらしく、鋭く切れ込んで知識を深めるその姿勢、私も是非、見習いたいと思います。

余談ついでに書きますと、随分前に「日本の保険会社」に随分否定的な意見がならんでいるHPを見つけて、(野中こういち(漢字忘れました)さんだったかな?今は少々、納得のいかない部分が散見されて、私の中では過去の人となってしまいましたが、)それが保険を見直してみようというきっかけになりました。

たくみさんのHPもその流れで見つけたのだと思いますが、言葉巧みにかかれてあるその内容が、以前から私が感じていたことにすっごく近いということに惹かれました。もち、レベル全然違いますが。

例えば、死亡保障より「生きるリスク」が重要だとか、絶対にインフレに対応した商品が、将来は主流になるはずだとかそんなことをずっと考えていました。(素人なんでこの程度のレベルですが。)
保険の担当者あきれていましたっけ、当時。(笑)

おっと、貯蓄の相談だった・・・・・・・・・
疲れのせいで、レスが変ですか。(笑)

 

>自分でいうのも何ですが、日生時代は同世代からしてみると、かなり稼いでいた部類に入っていたと思います。
>同時に、、金銭感覚も…狂ってましたね(笑)
>当然、「全て」とはいいませんが、かなりの「保険屋さん」が…「銭を稼ぐ事」に慣れ
>ている=一般的金銭感覚というのが薄れているといえるんですよね。

>「1契約、手取りで大体20万くらい」

>いわゆる、「ターゲットプラン」といわれる主力商品の手数料(年齢によって多少変わってきますが、この程度)といえます。

>『今月苦しいのよ、お願い、1件つき合って!』

>こんな「頼み込み」にて、契約、、20万。
>どう考えても…おかしいといえるでしょう。

住宅の営業って(会社によるんですけど)私の会社では、2000万の契約が取れたとして、10万にも届かないでしょう。(笑)
ちょっと、たくみさんの話信じられないですね。
凄い世界だぁ〜。う〜ん。なるほど。

 

>その間、「保険診断って、飛び込みでやったら面白いかなぁ」と思い、自分にてチラシ
>を作成、飛び込みをしてみたんですね。

>結果は散々。
>これは…土地柄(名古屋っす)もあるかもしれませんが、FPの認知度は限り無くゼロ、
「何故に保険を見直すのに銭がいるのよ!!」という突っ込みを多量に受けました。
>(ちなみにこの時は5000円という値段)

やろうとした試み、行動力がすごい!
たくみさんが書いてたように、外資系の会社がこれやるとすごいことになるかも?
あっ、私は知り合いの関係で、現在はプルデンシャルに加入してるんですが、当時はすごいコンサルティング営業だって思ってたけど、今、たくみさんのHPや電子書籍や、その他いろいろ自分なりの考えが出来てくると納得のいかない部分が出てきています。

でも、住友生命のおばちゃんとの差は、まさに「月とスッポン」でした。

 

>「あぁ、今日は飲んだなぁ。電車…かったるいなぁ。タクシーで帰るか!」
>今考えると「アホンダラァ!」といいたくなる行動ですが、これは「当たり前」でした。
>夕食は常に「居酒屋」等にて、定職屋なんてのは一切なし。
>…はい、めちゃくちゃな金遣いですな(笑)
>これは…「銭がある時」には、気付かない事…なんですよね。

耳の痛いお話です。会社のメンバーと飲みに行くと、
一日で3,4万使うことなんて珍しくないですよ。恐ろしい〜。

 

>いや、疑って当然でしょう。
>自分も…1年以上疑いましたから(笑)

>>ただ、日生時代のとあるお客さんのおじさんがカナダで死亡、10年くらい資産を放
>っておいたら4倍くらいになっていた〜という事柄を実際に目の当たりに見ていまし
>たので、「ないことはない」と思っていました。
>(当時、カナダの銀行金利は15%程度だった)

>マネー雑誌は…あくまでも「庶民相手」の雑誌=広告雑誌といってもいいでしょう。
>実際、富裕層には銀行ですら「大口のお客さん」の場合は、限り無くゼロに近い金利
>の時でも3%上乗せ〜なんてしていましたし。
>実際…先日送ったwithprofit等の取り扱いも、3000〜5000万以上のお客さん
>には薦めていたり…

考え方を変えていかないといけないんでしょうね。(笑)
マスコミの力って偉大ですね。
発想の転換しなければ・・・・・・・

 

>一つ、大きなマスコミ(情報)操作の例を。

>為替リスクって、よく聞くかと思います。
>「外貨ものって、将来的に円高になっていたら…というリスクあるじゃん!」
>まぁ、一般的にいわれる事ですね。
>「ドル以外、信用出来ないよ」
>とも。
>実際、カナダドルなんてのは…一切聞かないでしょうし、香港ドルも同様。

>『円って、そんなに強いの???』

>素朴に…自分は思います。
>国債の格付けをみても…カナダ、ましてアメリカと比べたら…格段に下。
>流通しているか?というと…ドル等と比べたら「カス」みたいな額しかないでしょうし。。

>分かりやすくいうと、アルゼンチンの人が「え〜、リラ高になったら将来的損じゃ
>ん!」と、ドルを否定するアルゼンチンの人がいたとして、どう思うか?という感じでしょうか。

>「円で持っているくらいなら、まだウォンのが将来性があるんじゃない?」

>国の債務等を見ていると…素朴に自分は思うんですけどね。

あはははは。受けてしまいました。(笑)
よく円高について雑誌にかいてありますよね。
私も、円高の心配する時間があれば、暴落の心配をすべきじゃないかと!
北斗の拳じゃないですが、冷静に考えれば、この国は・・・・・・
「きさまはすでに死んでいる」状態ですよね。

 

>『何故に日本は安全という認識がうまれるのか?』

>マスコミ、情報操作が強く働いている…そう自分は思っています、はい。

なるほど。たしかにおっしゃるとおりです。

 

>ユニバーサル保険というものがあるのですが、、、日本の評論家はアメリカを指して
>「ユニバーサル保険は死に体の保険」と評しているんですね。
>(投信+保険=ユニバーサル)

>これは…大きく間違っている訳でして…そもそもユニバーサルの発端は欧州な訳で…

これは、あまり耳にしたことがないのですが、
どういうところが間違っているのでしょうか?

 

>「オフショア」というと「ウサンクサイ」と思われるかもしれません。
>ただ…オフショア、実はスイスもオフショアなんですよね。

>「スイス銀行、ウサンクサイ」

>なんていう人、いるか?といいますと…いないでしょう。
>(スイスでは…オフショアに関する方の中での守秘義務というのが法律にて作られている)

やっと、「日本の常識は、世界の非常識かも」って、考えるようになってきました。
少々、自分の考え方を(その根拠を)、もう少し冷静に考える習慣をつけていかないとダメかもしれないですね。

>

>>安全性は…そこいらの日本の銀行より上だったりします、はい。。
>
>素朴な疑問ですが、例えば日本の銀行より上で、8〜12%の平均金利で
>ある商品が、どうして日本の金融雑誌に紹介されないのでしょう?
>とっても、不思議な感じです。もし、どれかの雑誌に掲載されでもしたら、
>みんな挙って、その本を購入するでしょうし、その商品も売れるのではないでしょう
>か?(手数料の利益も相当なものになる?)

>・金融規制がかけられているから

>単純な理由です。
>後、

>・仮に海外のそれらの商品が出回ったら、国内もの投信ものが全滅するから

なるほど、実に単純で、納得のできる理由です。
たくみさんの話を聞いていると、だんだんとマネー雑誌を読むのも見方が違ってきている自分を感じますね。(笑)

 

>…かな〜〜りドス黒いでっせ〜、裏は。

>(以前、オフショア関連の不動産系の本が出版されたが、半年程度で販売停止、
>法改定が即座に行われた〜なんて事もあったらしいですし)

こわ〜い、世界があるんですね。
3倍も、日本だけが保険料をたくさん払うって、どう考えてもおかしいですよね。
言われてみないと、なんの疑問も浮かばないことなんですけど。
世界的にみると、ホント不思議な国なんだろうな、この日本は。

 

>「英語が分からず、日本のみなら、外の情報が分かるはずもないだろうから」

>と、こんな事書いている自分もまだまだ「日本人」です。
>この「10%程度で満足」するのは、「機会損失リスクだよ」との事らしいですし

なるほど。小市民の私も、10%あればもう十分すぎです。
それ以上を望んだりしたら、それこそバチが当たりますよね。(笑)
おっと、この辺が「生粋の日本人」か・・・・・
「たわけ」って言われてしまう。(笑)

 

>はい、ごもっともでしょう。
>って…「他に削る所、ヤマ程あるだろが!!」と突っ込みたいですね、自分。
>奨学金制度自体も…廃止っぽい方向ですし、健康保険も…

>「公務員の数、半分に減らせや!」

>別に…十分半分以下になっても日本はまわるかと…
>(天下り等は当然廃止)

大賛成!!!!公務員の数、いらないですよね。
ひまそうですもん、えらそうだし。(笑)

 

>非相関性ものというのは、「景気に連動しないもの」というものでして、例えばイギ
>リス寮ファンドたるものがあるのですが、これの場合、「学生寮に投資。世界中から
>優秀な学生が留学してくる〜」という点にて、余程の事がない限り、安定はするでしょうね。

世界同時株安の様相を呈してきましたから、こういうの大切なんでしょうね。

 

>了解っす。
>…全ての人に「無料はダメだよ〜」といわれてしまいました。
>ある意味…不思議なものです。

>「タダ程恐いものはない」

>という、諺通りとでもいう所…なんでしょうね、これは。

う〜ん、どうでしょうか?
違う気がしますね、私としては。
たぶん、たくみさんが会社を背景にして、お仕事をされている方だったら、みなさん「無料はダメだ」なんてことは、言わないでしょうね。
最低限の基本給は保証されているから。。。。。

確かに、商品を紹介すれば、いくらかの手数料は手に出来るのかもしれないけど、逆にいえば、「購入しなければ」ゼロですもん。
たぶん、ある商品をたくみさんに勧められて、購入して損をしたとして、
お金をだしたから、たくみさんを責める人っていないと思いますよ。(笑)
私、田舎もんですかね?こういう発想って。。。。。。(笑)
気持ちの部分でないかな?って素朴にそう感じますけどね。。。
ここ、読み流してください。。。。(笑)

 

>数学は高校時代、好きだったのですが…化学・物理とも何故か毛嫌いしてまして…
>理系クラスより、文転した〜という感じっす。
>ゼロからの作成〜というものが好き、なので…これは理系に当てはまる…のかな??
>自分でもよく分からないっす(笑)

納得です。そうでしょうとも。そういう事情であれば・・・・・・・・・
文系人間を名乗ってはだめです。(笑)

 

>ここみたいに、無料で翻訳できるサイト、今沢山ありまして。。
>で、「意味が繋がらない」という所のみ、辞書等で調べていく、と。
>実際、外人さんとのメールのやりとりも…「和→英」と英訳をして、送られてくるメ
>ールはその逆〜と、滅茶苦茶邪道っす、自分は。

まず、最初からあきらめず、取り組もうとすることなんでしょうね。
トライしてみますね。

 

>自分も…ここまで徹底する事になるとは思わなかったんですけどね(笑)
>(ラクしようと思えば出来た筈なのに…いつのまにか…)

いい言葉ですね。影響受けますね。頑張ります、私も。

 

貯蓄編(積立)におもしろいセリフが載ってましたね。(笑)

「こんな商品がザラにあるのでしょうか?いまだに話がうますぎるほど不安になる自分(我ながら情けない)と早くこの商品をやりたい自分がいたりします」って。
まさに、こんな気持ちがいったり、来たり。。。。。。
受けました。このセリフ!
わかる、わかる、そうなんだよって。
もっとも、「迷った時はとにかくやってから後悔しよう!」が、私の基本方針ですが。
今は独身なもんで、自由の効く身ですしね。

 

>恐らく…今日の資料も…???でしょう(笑)
>(withprofitの発展系?)

おっしゃる通り!!!(笑)
難しいですね、わからんですね。
送っていただいた資料に限らず、何度も貯蓄編のHPを繰り返し読んでます。
涙目になりながら・・・・・・・。
しかし、最初にご紹介いただいた「withprofit」は、自分の中で一番いいなぁと思うようになりました。

非常に優れているので、この前のメールに書いた1.2%のニュー定期の分もまわしたいと思っています。いずれは解約を考えていましたし。
いいきっかけだと思っています。

というところで、今回1700万までは動かせることになりますが、例えば、「withprofit」に全部っていうのは、リスクありすぎですよね(笑)
ムチャクチャですか?(笑)

貯蓄編のHPにあった「shaker height」に700万くらい分散させるとか。。。。
どうなんでしょうね?
たくみさん的にはどうでしょう?って、こういう質問が一番難しいですね。

独身だから、こういうある意味ざっとした決め方ができちゃうのかな?
結婚したりすると、なかなか「もうひとつの力」なるものが働いて自由にはできなくなるんでしょうね。
まっひとつ、方針として1700万を上限に一括での投資をすることは決定事項にしたいと思います。

他に、選択肢としていいものがあればアドバイス頂ければと思います。
あと、5年くらいの満期の商品て何かありますか?
一部を5年くらいの満期の商品を運用ってのもアリかなって考えてるんですが。

そうそう、イールドプラスファンドのことですが、ミニマムの額ってどこに記載があるんでしょう?かなり高額ってことですが、みてもわからないです。

急に質問が乱立してしまっていますね。
今日のところはこの辺で・・・・・・


<上記に対する自分のレス>

たくみさん、こんばんは!
今日は、久しぶりに午前様にならずに済みました。。。。。
毎日、連日24時を回る日々です。保険たくさん掛けとかなきゃ???
なんて・・・・・・

うぉ、激しい仕事ですねぇ。。
個人差はあると思いますが、仕事をしている時は案外身体はなんとかなるものなんですよね。
が…いざ仕事をやめた時、環境が変わった時、その時いきなりガタが来ます。
(モロ、自分の体験談っす)

急性腎臓炎
狭心症

1年で…これだけやられたのをはじめ、ボロボロ状態になってしまいましたから、自分。。
お気を付け下さいませ。

 

お送りいただいたCircusCapitalですが、なかなかいろいろな商品があるんですね。
(当たり前か。(笑))
仕事から力尽きて帰って来てから、毎夜パソコンに向かって
送っていただいたメールや、たくみさんのHPの貯蓄編の内容を何度も読み返しては、少しでも理解を深めようと悪戦苦闘の毎日です。(笑)

Circus等のwithjprofit系商品の上手い説明方法、よ〜やく思い付きました。
というか…丁度同じ商品の説明をしていた人が上手い例え方をしていたんですよね。
以下、抜粋します。

--------

で、運用がすごーくうまく行っても一挙に元金が何倍にもなるということはない
けど、まさかの時のために儲かった分をある程度キープしておいて、あくまで利
回りの安定性を目指している商品であると。この「まさか」が現在起きていたり
して…世界的に株安ですものね。
ということは、この商品はしっかり者の奥さんが財布の日もをにぎっていて、ど
んなにダンナが稼いできても、あるいは給料が下がっても一定の小遣いをもらえ
ると。----あまりいいたとえじゃなかったかしら?

--------

ん〜、非常に上手い言い回しです。

このwithprofit系商品というのを解説すると、本来安全性という点では

銀行等の貯金>債券>株式

まぁ、いうまでもなく、こうなりますよね。
で、いうまでもなく利回り自体は

株式>債券>貯金系

となりますよね。

で、株式市場というのは…過去から長期的に見てみると…当然プラスとなっているんですね。
(長期的にならすと)

この商品は…「株式運用にて、プラスになっても○%のみの利回りとし、それ以上の部分はリザーブしておき、運用マイナスになった時にリザーブから銭を出し、プラス○%とする」という商品といえるんですね。

こんな説明を受けての上記の例え、非常に自分としては気にいっています、はい。

まぁ、、正確にいえばプラス運用にて予定していた以上の運用となった場合は、多少はその予定利回りよりプラスされますけどね。

30年後等は…想像出来ないですが、仮に今後10〜15年、株式市場世界全体がマイナスになったとしても、リザーブがなくなる事はないでしょうから、かな〜〜り安定運用となるでしょう、この期間くらいでしたら。

 

勤めているのは、普通の住宅会社です。
営業を担当しておりまして、いろいろなお客様にお会いするうちに、
「住宅」については、みなさんいろいろな業者の商品・仕様を比べて
研究するのに、なんでたぶん住宅の次に大きな買い物になるであろう
「生命保険」は比較検討しようとしないんだろう???
それが、「保険」というものに興味を持ちはじめたきっかけです。
それで、偶然たくみさんのHPに辿り着き、「貯蓄編」なる怪しげな?(笑)
コーナーを見つけ、今日に到っております。

はい、自分も不思議ですね。

「何故に不動産や車(?)みたく、比較検討しないの??」

当然、保険でも一括払い・前納・年払い・月払いという風に払込み種類があります。
はい、月払いはあくまでも「2000万に対して、30年支払いローン」というのと同じ考えなんですよね。
(当然、一括支払いのが総払込は少なくていい)

ただ…この「実はローンなんだよ」という発想を持つ人はあまりいない…というか販売側すらもこうは考えていない人、案外多いでしょうね。

 

貯蓄編……これをupしたおかげで、掲示板やメールをくれる保険屋さんやFPがかな〜り消えました。
今までは…どちらかというと「国内生保」叩き、という感じで…外資等の悪口は殆ど書いていなかった為、案外いついてくれたのですが…貯蓄編をかかれたら…金融屋さんの立場、ないですからね(笑)

怪し気というのは…ははは、怪しいでしょうな(笑)
んな事書く人、他にいないでしょうし(爆)
実は…昔のメルマガ等にもチラっと海外ものの存在を予想させる事、かいているんですけどね。

 

不動産投資系の商品については、まったくノーマークです。
DCF法なんてはじめて聞きました。
たくみさんらしく、鋭く切れ込んで知識を深めるその姿勢、私も是非、見習いたいと思います。

DCF法なんてカッコイイ表現してますが、一言でいえば「この物件は一般的に見て高いか安いか?」という事だけなんですけどね(笑)
今回、調べて分かったのは…

良心的にて、自己の利益を考えない不動産屋さんにあたった場合、年利20%くらいの物件にあたる事もある。
(当然、住居は不安定なので時にはマイナスという時もあるでしょうが)

ただ、一般的に見る不動産投資は、「利回り」より不動産料金を設定している場合が殆ど。
(5.5%!なんて謳ってあるものは、ホントは最高利回り20%くらいのモノでかなりボっている)

真面目にこれに取り組む場合は、宅建あたりを資格で持っていないとキツい。

少なくとも、ローンを組んでやるのは…リスクがかなり伴うよ〜という感じでしょうね。

 

余談ついでに書きますと、随分前に「日本の保険会社」に随分否定的な意見がならんでいるHPを見つけて、(野中こういち(漢字忘れました)さんだったかな?今は少々、納得のいかない部分が散見されて、私の中では過去の人となってしまいましたが、)それが保険を見直してみようというきっかけになりました。

ははは、あのHPっすか。
格付け協会だったかな??
非常に面白いネタが…

http://www1.development-network.net/~hoken/:::::::/

実は…約1年程前に貯蓄編はup予定だったんですね。
その際、作っていた海外IFAの人とのやりとりの一部です。
(この途中で狭心症になり…すっかり作業…いやこのページの存在自体忘れてしまっていて、ついこの間このページの存在を思い出した)

※あまりにもダークネタになる為、ここのアドレスは公開しない事にしました。

自分も…本を2冊程購入してしまっています。
今では…情報の薄さが発覚、、、完全無視ですが(爆)

たくみさんのHPもその流れで見つけたのだと思いますが、言葉巧みにかかれてあるその内容が、以前から私が感じていたことにすっごく近いということに惹かれました。もち、レベル全然違いますが。

自分の意見は…恐らく一般の人が素朴に思う事を突き詰めていったもの…というものでしょう。
悲しい事に、業界(FP含む)人になってしまうと、一般常識がいつのまにか忘れてしまうものでして。。
ごく当たり前の事を書いている筈が、業界人にとっては「非常に斬新」な意見…だそうです(笑)

 

例えば、死亡保障より「生きるリスク」が重要だとか、絶対にインフレに対応した商品が、将来は主流になるはずだとかそんなことをずっと考えていました。(素人なんでこの程度のレベルですが。)
保険の担当者あきれていましたっけ、当時。(笑)

素人…というか一般の意見は非常に重要な点です。
一般常識(インフレ等、素朴な意見)に関しては…明らかに業界人のが「退化」してますからねぇ。。

インフレ…「今デフレだから…」等といっていると…国家破たんしてしまうでしょうな。
そうなると…ハイパーインフレが訪れ…円資産がパーになる…
恐らく、60歳までに死亡する確率よりはるかに高いでしょうな。

経済に関する知識、、保険屋さんは…全てとはいいませんがない人、多いですな。。

 

>こんな「頼み込み」にて、契約、、20万。
>どう考えても…おかしいといえるでしょう。

住宅の営業って(会社によるんですけど)私の会社では、2000万の契約が取れたとして、10万にも届かないでしょう。(笑)
ちょっと、たくみさんの話信じられないですね。
凄い世界だぁ〜。う〜ん。なるほど。

さらに、保険の代理店はもっとオイシイ世界です。
保険料の60%近くが、毎月の収入になったり…
そりゃ、世界平均の3倍の保険料を取っていたら、この程度手数料だしても会社は成り立つでしょうな(笑)

自分が…今のHPを利用し、保険をグワっと売り捌いたら…年収3000〜5000万は堅いでしょう。
って…何故その方向にいかなかったのか…不思議っす(笑)
(黙っていれば十分銭稼げたのに(笑))

 

>その間、「保険診断って、飛び込みでやったら面白いかなぁ」と思い、自分にてチ…

やろうとした試み、行動力がすごい!
たくみさんが書いてたように、外資系の会社がこれやるとすごいことになるかも?

何故に、飛び込み営業せんのか?
他の営業職なみ、とは望みません。
せいぜい、国内生保程度の飛び込みを試みれば…シェアは10年もあれば逆転するでしょう。
なのに…未だ紹介中心だよ、と。。
勿体無い。。

 

あっ、私は知り合いの関係で、現在はプルデンシャルに加入してるんですが、当時はすごいコンサルティング営業だって思ってたけど、今、たくみさんのHPや電子書籍や、その他いろいろ自分なりの考えが出来てくると納得のいかない部分が出てきています。
でも、住友生命のおばちゃんとの差は、まさに「月とスッポン」でした。

住友のおばちゃんと比べたら、可哀想でしょう(笑)

自分は、元々は日生でした。
で…ソニーやプルのコンサルが当時は恐怖だったんですよね。
ただ…半年経過後…独自にて勉強をしていった所、いつのまにかプル等のコンサル自体を覆す事が可能となってしまいました。

早乙女・おかちゃん・ほった氏、、、いずれも一般人。

「半年、真面目に学習したら、追い越せるレベル程度の知識」

残念ながら…これが現実ですな。
2年経過(日生をやめてから)。
FPすら、自分に聞いてくる・相談しにくる…なんて事になりました。

「FPのレベルも、たかがしれている」

実際、自分の診断を受けた人で、「シャレで取ろうと思って‥」と、AFPたるFPの資格、1ヶ月程の試験勉強にて余裕で受かったと連絡を受けました。

自分自身、対した事ありません。
まだ本格的にある意味研究して、2年ちょいでしょうか。。
ただ…一般のFP程度の知識なら、半年もあれば十分身につく…その程度の知識でしかないんですよね。。

これでFPが国家資格って…
先が…暗いでしょう(笑)

 

>夕食は常に「居酒屋」等にて、定職屋なんてのは一切なし。
>…はい、めちゃくちゃな金遣いですな(笑)

>これは…「銭がある時」には、気付かない事…なんですよね。

耳の痛いお話です。会社のメンバーと飲みに行くと、一日で3,4万使うことなんて珍しくないですよ。恐ろしい〜。

ははは、営業職の場合はこれが当たり前でしょうな(笑)

 

>マネー雑誌は…あくまでも「庶民相手」の雑誌=広告雑誌といってもいいでしょう。
>実際、富裕層には銀行ですら「大口のお客さん」の場合は、限り無くゼロに近い金利
>の時でも3%上乗せ〜なんてしていましたし。
>実際…先日送ったwithprofit等の取り扱いも、3000〜5000万以上のお客さん
>には薦めていたり…

考え方を変えていかないといけないんでしょうね。(笑)
マスコミの力って偉大ですね。
発想の転換しなければ・・・・・・・

自分は…生半可、FP知識等の金融知識があったが為、発想の転換に非常に苦労しました。
はい、あくまでも「日本という地域前提での金融知識」でしかなかった訳ですから。。

あるじゃん・マネー等、、、薦めていた時期もあった自分、今考えると恥ずかしいっす。。
(って…しょうがないのかもしれませんが…)

アメリカ。
何故か日本人は「アメリカが一番だよ、ここを見習おうよ」と思っているようです。
が、、アメリカ株式暴落時、マスコミにて流れたニュースを見て、「なんじゃ?」と思いました。
資産の殆どを株式で持っていて、一般市民の資産が減った???

「どんなポートフォリオやったねん!!!」

これじゃ…過去の日本のバブル時期「不動産もっとけば絶対値が上がるから」「株平均10万いくから!」といううたい文句で加入しているのと同じじゃん…

当然、アメリカにもヘッジファンド等、非相関性のもの、あります。
なのに、聞こえてくる声は…

 

>「円で持っているくらいなら、まだウォンのが将来性があるんじゃない?」

>国の債務等を見ていると…素朴に自分は思うんですけどね。

あはははは。受けてしまいました。(笑)
よく円高について雑誌にかいてありますよね。
私も、円高の心配する時間があれば、暴落の心配をすべきじゃないかと!
北斗の拳じゃないですが、冷静に考えれば、この国は・・・・・・
「きさまはすでに死んでいる」状態ですよね。

郵政、郵便局あたりを民営化にしたら…それでアルゼンチン状態に陥るかと…
(既に、現段階でも全ての郵便貯金をしている人が銭をおろしたら、半分程度しか返金できない)
かといって、先送りにばかりしていたら…債務はどんどん増える訳ですし…
(負担は…当然国民にのしかかるわけでして…)

短期間での為替売買を考えるのなら、円高ウンヌン考えてもいいんでしょうが…長期で見ると…「円そのもの、将来存在するんか?」とすら…

 

>ユニバーサル保険というものがあるのですが、、、日本の評論家はアメリカを指して
>「ユニバーサル保険は死に体の保険」と評しているんですね。
>(投信+保険=ユニバーサル)

>これは…大きく間違っている訳でして…そもそもユニバーサルの発端は欧州な訳で…

これは、あまり耳にしたことがないのですが、
どういうところが間違っているのでしょうか?

金融の歴史からみると…イギリスあたりが最先端といえるんですな。
アメリカは…実は金融後進国。
ファンド等、金融の歴史を見た場合…当然アメリカより欧州のが優れています。

現に、アメリカにて金融ビッグバンが起きた時(いわば、金融の開国)、保険会社は殆ど潰れ、残ったのは確か3社程だったかな?

で…今回のアメリカ株暴落時の市民の声(といってもテレビ等のマスコミのみの情報なので正確性はないが)を聞くと「もう株はやらないよ」「騙されたよ」等という声ばかり。

ユニバーサルが何故死に体となったか?というと…「説明が難しく、手間がかかる割に手数料が少ないから」だそうでして。。
(これを販売出来る保険屋さん自体が少なかった)

後、アメリカはさらに「生きていたら」という概念が強く、死亡に関しての保障に対する関心が薄く、「保険でユニバーサルにしなくても、証券市場にて直接ファンドを購入した方がいいじゃん」となっていった…というものあるでしょうか。。

アメリカ債券あたりの情報も入ってきたりと、決してアメリカ自体の市場商品が悪いとはいわないですが…いち「コンサルレベル」というのは…下手すると日本並みなのかも。。
(現に、今アメリカでは保険屋から保険を入る事はまずない)

ん〜、まとまりもなにもないっすな(笑)

※まとめてみると…案外とんでもない事かいてますね。。あってる…のか?? 

 

やっと、「日本の常識は、世界の非常識かも」って、考えるようになってきました。
少々、自分の考え方を(その根拠を)、もう少し冷静に考える習慣をつけていかないとダメかもしれないですね。

よ〜く、漫画でみてみても「報酬はスイス銀行のいつもの口座に頼むよ」等とゴルゴ13あたりいっていたりと…さりげなくオフショアものが使われていたり…するんですな。
(作者がそこまで意図しているかどうかは不明ですが)

マスコミの話をさらに続けます(笑)

ワールドカップ。
あれは…ヒドかった。。
マスコミは韓国絶賛。

「日本と韓国の壁が低くなった」
「韓国、素晴らしい」

アホか!!と、モロ突っ込みたくなりましたね。。
2ちゃんねるあたりと照らし合わせると…非常に面白かったです、現実とのギャップが。
(2ちゃんは…悪口系統の話題は信ぴょう性のあるモノもあったりしますし)

個人的に…客観的に見て「韓国…世界を敵に回したんちゃう?」と…

たかがW杯。
されどW杯。。

韓国市場への投資、w杯にて白紙に自分は戻した程っす。。。

 

>・金融規制がかけられているから

>単純な理由です。
>後、

>・仮に海外のそれらの商品が出回ったら、国内もの投信ものが全滅するから

なるほど、実に単純で、納得のできる理由です。
たくみさんの話を聞いていると、だんだんとマネー雑誌を読むのも見方が違ってきている自分を感じますね。(笑)

あるじゃんあたりみてると…腹すら立ってきますね。
某FPが「堂々人生は素晴らしい商品だ」等と解説。
その次のページに広告がドン!と。。

雑誌の半分くらい…下手すると広告ちゃう??とすら思いますな。。

非常にお茶目な経験もしています。
1年程前、まだ今のサイトがyahooにも掲載されていなく、まだマイナーだった頃、某自動車保険比較サイトから「バナー、載せて」という問合せが。

案外、オイシイ話で、トントン拍子で提携を〜と思ったら…

「実は…なんでも生保ランキングたる所にてもうすぐ潰れそうな会社〜なんて所のとある会社と広告契約を結んでいまして…提携の話は白紙に戻しましょう」

ちなみに…「もうすぐ潰れそう〜」の会社は…その2ヶ月後に想像通り破たん。。。

…広告の入っている所、こんなモンっす(笑)

 

>…かな〜〜りドス黒いでっせ〜、裏は。
>(以前、オフショア関連の不動産系の本が出版されたが、半年程度で販売停止、法改
>定が即座に行われた〜なんて事もあったらしいですし)

こわ〜い、世界があるんですね。
3倍も、日本だけが保険料をたくさん払うって、どう考えてもおかしいですよね。
言われてみないと、なんの疑問も浮かばないことなんですけど。
世界的にみると、ホント不思議な国なんだろうな、この日本は。

まぁ…後ガソリン代とか、ジュース代とか…
他にも「は???」と思う所、沢山あるんですけどね、日本。
(金融が…自分の知る限り一番「は???」という暴利でしたけどね)

 

>「英語が分からず、日本のみなら、外の情報が分かるはずもないだろうから」

>と、こんな事書いている自分もまだまだ「日本人」です。
>この「10%程度で満足」するのは、「機会損失リスクだよ」との事らしいですし

なるほど。小市民の私も、10%あればもう十分すぎです。
それ以上を望んだりしたら、それこそバチが当たりますよね。(笑)
おっと、この辺が「生粋の日本人」か・・・・・
「たわけ」って言われてしまう。(笑)

上にも書いたかな?
あくまでも「withprofit系」商品は、アチラでは「定期貯金かわり」なんですよね。。
(これで大体年利10%強か)

未だに自分は20%オーバーとなると…「リスク、高いんちゃうの??」と思ってしまいます。
shaker等、理屈的には「いい商品だね」と思いつつも…なんとなく躊躇してしまう。。

…まだまだ生っ粋の日本人っす、自分も(笑)

 

>「公務員の数、半分に減らせや!」

>別に…十分半分以下になっても日本はまわるかと…
>(天下り等は当然廃止)

大賛成!!!!公務員の数、いらないですよね。
ひまそうですもん、えらそうだし。(笑)

って…こんな改革をしてくれるようにはとても…思えない、小泉さん。。

 

>「タダ程恐いものはない」

>という、諺通りとでもいう所…なんでしょうね、これは。

う〜ん、どうでしょうか?
違う気がしますね、私としては。
たぶん、たくみさんが会社を背景にして、お仕事をされている方だったら、みなさん「無料はダメだ」なんてことは、言わないでしょうね。
最低限の基本給は保証されているから。。。。。

確かに、商品を紹介すれば、いくらかの手数料は手に出来るのかもしれないけど、
逆にいえば、「購入しなければ」ゼロですもん。

なる程。、、
自分自身、感性(?)が狂っているのかもしれません。
元々、学生時代は教材売りやってたんですね。
完全歩合で、「1件も売れなかったら給料ゼロ」という世界にドップリでしたので…

「売らなかったらゼロというのは当然の事」

と、思っているんですね。
まぁ…教材売りの場合、売れたらハネる訳ですが…

 

たぶん、ある商品をたくみさんに勧められて、購入して損をしたとして、
お金をだしたから、たくみさんを責める人っていないと思いますよ。(笑)
私、田舎もんですかね?こういう発想って。。。。。。(笑)
気持ちの部分でないかな?って素朴にそう感じますけどね。。。
ここ、読み流してください。。。。(笑)

なる程、いち意見、ごもっともですね。
自分のような、フルコミッション・完全歩合という考えの人のが…少ないでしょうね。

ん〜、3000円均一で料金取ろうかな(笑)

話はガラっと変わりますが、過去、「高速道路後払いカード斡旋」という営業の仕事をした事があります。
これは…既にトラック業界では当たり前のものなのですが、「指定のカードを使用する事により、最大3割高速道路料金が安くなる」というものが存在するんですね。

これは…

・月会費等、当然無料
・後払いにて、2ヶ月後の支払い
・使う額により、ハイウェイカードよりオトクとなる

と、「高速道路を乗る会社なら使わなきゃソン」というモノだったんですね。

単純に書きますと…

・〜10万…… 5%
・〜50万……10%
・〜100万…15%
・〜200万…20%
・〜300万…30%

と、使う額により割引きが変わってくるというもので、自分の所属していた組合では、「このカードを使用する所を集めてきて、パーセンテージの差額が利益になる」という商売でした。

上記の例でいうと…例えば10万使用する会社を30社集めたら300万。

300万×5%=15万
300万×30%=90万

と、このケースですと75万が利益となる…会社が存続する限り、毎月この収入が半永久的に入ってくる…という非常にオイシイ仕事だったんですね。

‥まぁ、モロ銭に関連してくるオイシイ話、、あれやこれや様々な人間ドラマが展開され、この組合は崩壊してしまったので自分には銭は入ってこなかったんですけどね。。

で、この仕事の場合、当然のごとく、「殆どの会社がカードを持つ事に賛成」してくれ、2/3程度の確率で契約が伸びていったんですよね。
そりゃそうでしょう、会社にとっても何のデメリットもなく、メリットのみな訳ですから。

「なんでこんな事が可能なの??」

道路公団曰く…「乗り逃げ率が案外高く、この程度の割引きをしてでも料金回収できれば十分メリットがある」からだそうでして。。
(どこまでホントか分からないですが…)

・会社(相手)にもメリットが大きい
・自分にもメリットが大きい
・道路公団自体も、メリットがある

と、、、一挙三得、とでもいえばいいのでしょうか。。
これ、理想だよなぁ…と、当時から「商売の原点」として、思っていたものです。

ん〜、話がそれまくってる(笑)

 

>数学は高校時代、好きだったのですが…化学・物理とも何故か毛嫌いしてまして…
>理系クラスより、文転した〜という感じっす。
>ゼロからの作成〜というものが好き、なので…これは理系に当てはまる…のかな??
>自分でもよく分からないっす(笑)

納得です。そうでしょうとも。そういう事情であれば・・・・・・・・・
文系人間を名乗ってはだめです。(笑)

ははは、了解っす(笑)

 

>ここみたいに、無料で翻訳できるサイト、今沢山ありまして。。
>で、「意味が繋がらない」という所のみ、辞書等で調べていく、と。
>実際、外人さんとのメールのやりとりも…「和→英」と英訳をして、送られてくるメ
>ールはその逆〜と、滅茶苦茶邪道っす、自分は。

まず、最初からあきらめず、取り組もうとすることなんでしょうね。
トライしてみますね。

極端な話、電話でも「単語の羅列」でどうとでもなります(笑)
(実験済み)
一度やってしまうと、案外ラクでっせ〜。

 

<withprofitの話>

実は…このファンド、日本でもやろうと思えば可能だったんでしょうね。
ただ…日本はやっていない訳でして…
(今からやってもリザーブなんてできやしないでしょうし(笑))

 

>2.たとえば、日本円にして7年後に100万円の利益をもらえたとして、20%

    :

ということは、HPにあるように実質無税ってことなんですね。
1000万の利益が出た場合に、100万を毎日10日に分けておろしていけば、無税ということなんですか。

凄いですね。これって。。。。。

まぁ、当然カード使用料あたり取られますが、税に比べたら安いもんです。
(例えでいうと、銀行での時間外での現金引き出しでの手数料みたいなものとでもいえばいいでしょうか)

 

>3.TTSやTTBのようなものは?どんなふうになっているのでしょうか?

      :

ということは、先回ご紹介いただいたwithprofitに申込みしようとすれば、片道1円くらいかかると考えていいんですね。

まぁ、USMMFあたりを通してやるでしょうから、片道0.5円と考えていいでしょう。
(証券会社にてUSMMF購入→日本のどこかの銀行に送金→海外送金)
(少々手間ですが、これでかなりトクするので)

 

>>4.日本の銀行より安定してるってことなんですが、万一、破綻した場合は、預

   :

了解です。なんで〜って感じです。

まぁ…鎖国時代、幕末での坂本竜馬状態とでもいえばいいでしょうか(笑)

「黒船を作る国、すごい!」
「鉄砲、なんてものが世の中にあるんだ!」

等等。。

残念ながら…幕末時代に、坂本竜馬、勝海舟のような感性自体、「異端児」といわれたものでして…

金融は…まさしく「鎖国状態、江戸幕府」といった所…でしょうね、日本。。

 

貯蓄編におもしろいセリフが載ってましたね。(笑)

「こんな商品がザラにあるのでしょうか?いまだに話がうますぎるほど不安になる自分(我ながら情けない)と早くこの商品をやりたい自分がいたりします」って。
まさに、こんな気持ちがいったり、来たり。。。。。。
受けました。このセリフ!
わかる、わかる、そうなんだよって。
もっとも、「迷った時はとにかくやってから後悔しよう!」が、私の基本方針ですが。
今は独身なもんで、自由の効く身ですしね。

元本保証ものでしたら、最悪でも、破たんしても90%は絶対戻ってきますし。
一括投資ものにて、カストディ銀行がついている所なら、安全ですしね。

後、例えばドイツ・スイス銀行なら聞いた事あるでしょう。じゃぁ、アムロ銀行は?というと…知らない人、多いでしょうね。
はい、自分も知らない一人でした。
が…調べてみると…世界10指に入る銀行でして…

今はネットにて、海外情報でも案外容易に検索可能です。
(和訳すれば、なんとか理解も可能ですし)

…なんていってる自分も、踏み出すのに勇気がいりましたけどね(笑)

 

>>6.基本的に英語ダメなんですが、7年後に例えば解約する時に、できなくなって困る 
>>  ってことはないでしょうか?

>自分、そして一応の自分の師匠にあたる海外在住日本人IFAの人がフォローしますので、御安心を。
>(まぁ2人のうち、どちらかは生きているでしょう(笑))

どうかよろしくお願いします。m(_ _)m
長生きをしてもらわねばって・・・・・・、なんてレスしてんだ?(笑)

海外ものをやられた方専用のMLを作成しています。
で、その中でアメリカ留学経験者等、自分以上に英語が達者な方、2人程今の所います。
仮に自分・海外IFAの人が死亡しても、一応なんとかなる状態は作ってます、はい。
…って、長生きしまっせ〜(笑)

 

>withprofitだと…リスクは為替リスクくらいなもの…でしょうか。。
>(元本ではなく…利回り保証ですし…)

う〜ん、そうですよね、ホント夢です、この商品!

仕組みを理解すると、「なる程、しっかりものの奥さんがちゃんと貯金ためてて、いついかなる時も小遣いを出せる状態にしてあるって事か〜」と、非常に現実的な商品です。
逆に、市場にて例えば100%の成長!なんてあっても、これ以上の利益は入らない(予定より多い場合はリザーブしておくので)ので、博打的要素(あたった時のハネ方)はあまりないですが、まぁ…10%平均であれば御の字でしょう(笑)

 

>円自体での資産保有、来年!とはいいませんが、将来的にはリスクになる…そんな気がしています。
>(2003年、日本国破産!なんて本も出ていますし(笑))

同感ですね、天文学的な借金大王国ですもん。(笑)
早めに日本から、資産を脱出させた方が・・・・・なんて、マジ考えてます。

自分、資産の大半は…ポンド&ドルっす。。
(既に実行済み)

 

>恐らく…今日の資料も…???でしょう(笑)
>(withprofitの発展系?)

おっしゃる通り!!!(笑)
難しいですね、わからんですね。
送っていただいた資料に限らず、何度も貯蓄編のHPを繰り返し読んでます。
涙目になりながら・・・・・・・。
しかし、最初にご紹介いただいた「withprofit」は、自分の中で一番いいなぁと思うようになりました。

Circusは…実はwithprofitよりも安定した商品だったり。。
(withprofit系商品を数種類平均的に購入、それにレバレッジ(借り入れ)をおこして運用というもの)

※通常、レバレッジというと「リスキー」となるのですが…withprofit系というのは「常にプラス運用」となる商品ですので…レバレッジをかけたとしても…限り無くリスクが…ゼロに近い訳でして…

 

非常に優れているので、この前のメールに書いた1.2%のニュー定期の分もまわしたいと思っています。いずれは解約を考えていましたし。
いいきっかけだと思っています。

正直、この「利回り保証」ものに限っていえばニュー定期あたり崩してもなんら問題ないでしょう。

 

というところで、今回1700万までは動かせることになりますが、例えば、「withprofit」に全部っていうのは、リスクありすぎですよね(笑)
ムチャクチャですか?(笑)

別にアリです。
ただ、これだけの銭なら、実はさらにオイシイ商品があったりします。

簡単に要約を。

・絶対利益追従ファンド
・ファンドオブヘッジファンド
・いつ、いかなる時も利益を出すようにする
・過去平均利回り23%
・去年のような市場が最悪の状態でも、10%ちょいの利回り

http://iasg.pertrac2000.com/SnapshotPT.asp?ID=94

ここに…CSAというファンドの過去推移がのっています。
(月単位ではマイナスになる月もあるが、年ベースでは10%を切った事がない)

ミニマムは強気の10万ドルより。

…銭がたまったら自分はこれにぶち込み、金利生活を狙ってます、はい。。

 

貯蓄編のHPにあった「shaker height」に700万くらい分散させるとか。。。。
どうなんでしょうね?
たくみさん的にはどうでしょう?って、こういう質問が一番難しいですね。

さ〜て、額が増えたぞ(笑)
アメリカ債券ものも狙えますし、上記のようなファンドオブヘッジものも狙えるよ、と。
少々、自分も勉強してみます。
(海外在住IFAの人に何かいいのあるか聞いてみる)

今までは…CSAまでのミニマムでしか紹介した事ないのですが、当然、「上」は存在しますので。
(この額となると…さらにオイシイものがあると…)

 

独身だから、こういうある意味ざっとした決め方ができちゃうのかな?
結婚したりすると、なかなか「もうひとつの力」なるものが働いて自由にはできなくなるんでしょうね。
まっひとつ、方針として1700万を上限に一括での投資をすることは決定事項にしたいと思います。

了解です。

 

他に、選択肢としていいものがあればアドバイス頂ければと思います。
あと、5年くらいの満期の商品て何かありますか?
一部を5年くらいの満期の商品を運用ってのもアリかなって考えてるんですが。

CSA、ここらあたりから解約制限がなくなります。
(極端な話、1年で解約しても別に手数料は取られない)
5年満期商品、今あったかな?
(過去はあったが、募集終了してしまった)
(期間限定ファンド等の場合、人気ものだと実に3週間程度で募集金額達成、募集終了となる)
さぐってみます。

 

そうそう、イールドプラスファンドのことですが、ミニマムの額ってどこに記載があるんでしょう?かなり高額ってことですが、みてもわからないです。

あ、あの資料には書いてないっすね。
これは…10万ドルがミニマムだそうです。
(交渉により、ミニマムは8万ドルあたりまで下げる事は可能でしょうが)
(CSAも…実は8万ドル等の交渉が可能)

 

急に質問が乱立してしまっていますね。
今日のところはこの辺で・・・・・・

恐らく…ここからさらに「???」となるかと。
じっくりいきましょう。

 

【この項目でのQ&A】
 
ココにてQ&Aの一覧が見れます。実はこっちのが見やすいかも)

Q)

今回は特になし。。というかこの連載(?)にキリがついたらまとめてup予定っす。


 [目次] [次へ][貯蓄診断(?)問い合わせページ] [HOME| 保険診断| 電子書籍| 問い合わせ|
">診断の実際(生保編)] [お金に関するエトセトラ] [TOP]