診断の実際〜貯蓄編(一括編)〜


 


<前回のメールを受けた松下さんからのメール>

こんばんは。
ふ〜、明日やっとおやすみです。(笑)

> 自分は…いつも土曜日はほぼ徹夜に近いっす(笑)
> (正確には朝5:00くらいまでやって、そこからバク睡という感じっす)

たくみさん、こんなことやってると大変なことになりますよ!(笑)
貯蓄編に、専用の申込み窓口?なるものを作られたみたいですから、どんどん申込み来てないですか???
興味津々の人多いんだろうな、きっと。

 

> 丁度今やりとりをしていた所なのですが…安全かどうか?を見極めるモノの一つとして、シャープレシオたるものがあるんですね。
> (一応、これ、貯蓄講座(?)にもupしてます)

もう一度見直しをさせて頂きました。(笑)
何度も見直さないとわからないものですね。(何度見ても分からんという説も)
ただ、だんだんと知恵がついてきてますよ、私も。

 

> 通常は…シャープレシオとは「米国債利回り」(大体5%程度)を用いるのですが…
> 日本では「日本国債」を基準に考えているもの…だったんですね。
>
> ちなみに日本国債(10年)は1%ちょい。。

相変らずのご都合主義ってところでしょうか?
知らないですもんね、こんなとこまで調べる人なんていないでしょうから。

どんどん信用を失ってきますよね、日本という国に対して!

 

> と、少々話しがソレてますが、10%程度となると「国債に毛が生えた程度」としか
> 捉えないというのは…ある意味世界からみると普通なのかもしれません。
>
> …自分自身、まだまだ日本人なんですけどね(笑)

なるほど、それが普通ですか。。。。
実感して、それが普通だと早く認識したいです。(笑)

 

> 「100ー年齢の割合は株式投資(リスク)をおいなさい」
>
> 松下さんの場合だと、67%の資産はリスクに回しなよ、という意味。
> …さすがにこの格言はどうか?とは思うのですが、これは一応世界共通の格言らしい(笑)

恐らく、日本人のほぼ100%に近い人がこれに該当しないばかりか、ほとんど「預貯金」で持ってる人多いんでしょうね。(笑)
おっと、今までの私がそうでしたね。(これからは、発想変えるつもりです、一応)

 

> 確かに他の国の人達は、案外運用ばかりしてるよなぁ、という印象は受けますな。
> (基本的に平均賃金は日本は世界トップレベル。なのに老後となると下位になる(当
> 然、ある程度の先進国等と比較した場合とはなるが)という事から…あながち間違っ
> た解釈ではないというのは理解は出来るが)
>
> ここらの意見は…正直日本人にて理解するのは不可能でしょう。
> はい、自分もいまいち???です(笑)
>
> 一応は…「世界的にみて、この若さでこの資産持ちは高水準だよ、これだけあるなら
> 世界標準ならある程度のリスクには回すよ〜」という事をいわんとしているとは思いますが…(笑)
 

なるほど・・・・。いろいろと考えましたが、たぶん本当の意味で、自由に(或いはテキトーに(笑))リスクを背負えるのは、今しかない!と思いますので、(無理をするつもりは全くないですが)ある程度、自分の許容範囲でリスクを取りたいと思います。

 

> >これだけ、一気「円」から「外貨」に替えようとする人は少ないかも・・・・・
> >(日本円にあまりにも夢が持てないと思ってしまう私です。)

>
> いや、実は「上記のような解釈」からきている言葉かと(笑)
> 日本円に未来が見えないというのはモロ正解かと。

一気に、円が下げてきましたね。(たくみさんの予想通りだ!)
しかし、私が円を売るまでは、なんとか円高状態でいて欲しいです。(笑)
なんで、こんなに一気に下げるんじゃ〜!!!

 

> 正直、一気に上記のような考えをしみ込ませるというのは到底無理だと思います。
> やはり…30年以上も「日本のみ」に生きている訳ですから。
> (当然、自分にも同じ事がいえます)
>
> 「こういう発想もあるんだ」
>
> 程度でいいかと思いますよ。
> (あえてリスクを選択しなくてもいいかと。あくまで「納得」をしてからの選択がベストでしょうし、特にリスクものは)
 

おっしゃる通りでしょうね。(笑)
無理をすることはないんだろうと思います。

 

> 少々勉強を。
> まず、下を見てみてください。
> 日経平均インデックスファンドっす。
> まぁ…ミルも無惨な数字が…並んでます。
> 一方、下をみてみてください。
> 野村さんの日本株ものアクティブものですな。
>
> 一般的にみて、「インデックスよりいいし、シャープレシオも日経平均ものよりいいのでこれはいいファンド」なんていわれます。
>
> …おかしいと思いません??
>
> 「何故に国債投資した方がマシだよ、というマイナス運用でいいファンドやねん??」
 

ひどい話ですよね。でも、私の愛読書の(笑)「ZAI」や「あるじゃん」をみていると、全然世界の事を知らない人は、『そうなんだ、インデックスより優れてるからいいファンドなんだ!』って思う人、少なからずいるんでしょうね。(私もそうでした)(笑)

 

> 標準偏差という数字があるかと思います。
> これは、「ブレ」という意味なんですね。
> 標準偏差が16.73という事は、
>
> 68%の可能性で平均利回りよりプラマイ16.73あるよ。
> 95%の可能性で平均利回りよりプラマイ(16.73)*2あるよ。
> 99.6%の可能性で平均利回りよりプラマイ(16.73)*3あるよ。
>
> という意味ですな。
> 日経平均もの等、平均利回り自体どこにもうたってないので…まぁ仮に1%とするなら、
>
> 68%の可能性で…-15.73%〜17.73%になるよ、という事っす。
> …まぁ、、、「ははは、全く先行きも何もわっかんないよ、安定?してないよ〜」という事っすな。

いやぁ〜、何度見ても正直理解ができません。
もう少し、じっくりと勉強してみます。

 

> CSAの詳細データっす。
> sutandard deviation……標準偏差=2.97
> sharpe ratio………………3.68(シャープレシオ)
> annualized return………16.96(年平均利回り)
>
> 当然、ドルものなので、シャープレシオ自体は「アメリカ国債」計算。
> 標準偏差(ブレ)自体も非常に少ないので、非常に安定しているファンドだよ、といえます。
 

了解です。どのポイントを見ればよいのかだけは、取りあえず理解しました。
このたくみさんが惚れ込んでるっていう「CSA」安定してるんですね。
元本保証なんて、あるとかないとかそういうレベルではないんですね。

 

>
> と、「標準偏差」と「シャープレシオ」さえ抑えておけば、かなり把握できるようになるでしょう。
 

了解です。これから、この2点を意識してみていくようにします。

 

> た〜んと悩んで下さい。
> 上記の言葉が分かるだけでも、世界はグワっと広がるでしょう。

いろいろと悩みましたね。(笑)
お金が絡むと真剣になってしまう小市民の私がいます。。。。。
まっ、結論はでましたけどね。

 

> >〜 CSA 〜
> >
> >1.どれくらいの年数の実績があるファンドなんでしょうか?

>
> 上記アドレスから判断するだけでも、少なくとも6年以上は実績があるものです。
> (10年はあるはず)

なるほど、英語で書かれてあるってだけで、全然冷静に数字見てませんでした。
一応、以前たくみさんが紹介してくれた「翻訳HP]を使ってみてみたんですが。英語アレルギーなんとかしないといけないですね。(学生時代は、英語は大好きだったんだけどな)

 

> >2.過去の実績(できれば年平均にて)を教えてください。今までの平均ということ
> >では、すごいファンドであることはわかるのですが、それぞれの年についてはどれくらいの変動があるのか知りたいです。

>
> 上記アドレスを御参照を。
> 一応、年平均利回りは去年の落ち込みもあり16.96%となってしまいました。
> (去年がなければ18%平均を保てたのですが…)

哀れな質問でした。(笑)
アドレス先のどこを見たんや!って、突っ込みたくなる質問ですね。
悪気はございません。見えてないんですね。
この解説のおかげでよくわかりました。(笑)

 

> >4.このファンドは、株式に連動しているファンドですか?
>
> 微妙に連動してますが、「絶対利益追従ファンド」という名の元、常にプラス運用を
> 目指すヘッジファンドとなりますな。(株の影響をうけると、去年みたく10%程度に運用は留まってしまう)
 

「絶対利益追従」という名前がいいですね。(笑)
とんでもない利益を稼いでくれそうな気がしますもん。

 

> >全体として、リスクの順番で並べるとすれば安全なものからでは「SHK」→「MULTI ASPECTS」→「CSA」ということでよろしいのでしょうか?
>
> SHK→CSA→MULTI〜ですな。
> (CSA自体、元本保証ではないが、シャープレシオ・標準偏差とも圧倒的な数字、
> 過去実績からいっても非常に安定的商品といえる。MULUTI〜は、確かに元本
保 証とはなるが、ブレはかなり大きいので心臓にはよろしくない(笑)(最悪、元本となってしまう可能性がある))
 

え〜って感じです。
海外IFAのメールの流れでは、てっきりCSAよりはリスクが小さいのかと思って
ました。なるほど、聞いて見るもんですね。(笑)
「最悪元本」ですか・・・・・・・元本キープできれば御の字ですなんて思ってる私はやはりどっから見ても生っ粋の日本人ですね。(笑)

 

> SHK自体は…これも正直つい最近はいってきた話なので、自分も勉強中っす。
> って…自分はこれに銭出すくらいならCSAかなぁ〜なんて思ってます(笑)

そうですよね、根拠はないのですが、なんとなくこのSHKという商品には、なんの魅力も感じることが出来ないんですよね。これなら、通貨リスクを飲んででも、お気に入りのwithprofitに全額の方がいいと思ったりして。。。。
このメールを頂くまでは、正直「multi〜」で行こうかって思っていたんです
が、今回のメールで自分の方針が見えてきましたね。(笑)

 

> >正直なところ、自分の納得できる程度のリスクであれば、なんとなくですが
> >CSAをやってみたい気持ちがあります。

>
> これは…自分の影響でしょうね(笑)
> 自分自身、これに惚れ込んでますので(笑)

その通り!!!
そして、IFAの方も、できれば・・・・・ってことで勧めて下さるこれしかないですね!
許容範囲っていうのも、もちろん何が起こるかわかんない部分もあるんでしょうけど、充分自分の考える範囲ですし。(笑)
 

あまり(当たり前ですが)、詳しくない私が決めるより、海千山千のたくみさんや、IFAの方の勧めるのが一番のような気がします。
そのたくみさんが、惚れ込んでるっていう「CSA」。やらないって選択肢はない気がします。(笑)お気に入りの「withprofit」との金額的バランスだけ悩みましたけど。(笑)

 

> 正直な話…ここでいった「最悪」自体、非常に考えずらいのも確かっす(笑)
> (設定以来、最大マイナス月が-1.25%と、圧倒的な安定性がありますので…)
> 可能性的に…仮に来年あたりにマイナスになる可能性は…松下さんが来年死亡する確率より低いかと(爆)
 

縁起でもないです。(笑)
なんかどれくらい伸びるか、楽しみなファンドですね。
そうそう、馬鹿な質問をさせてください。
同僚に話をしていてふと思ったのですが、私がやろうとしているのは、「投資信託」なんでしょうか?「保険」なんでしょうか?
「オフショア」って言葉は、これと同義語になるのでしょうか?
「要するにひとことで言えば何なの?」って突っ込まれて、「外貨商品よ」って逃げてしまいました。(笑)

 

> これ自体…早期解約控除の縛りが全くないので…最悪「ヤバい!」となったら、即座 に引き上げる事できますしね。
> (上記アドレスより、毎月の成績がupされる為、非常に便利)

これも魅力ですよね。まっ、ヤバくなんないこと祈ってま〜す。(笑)

CSAの標準偏差が2.97ですので…
> (平均利回りが16.96%)
>
> 第一標準偏差…68%(a*1)(2.97%)
> 第2標準偏差…95%(a*2)(5.94%)
> 第3標準偏差…99.6%(a*3)(8.82%)
>
> と、これに当てはめると去年等は「中々ない」状態ではあったよ、といえる事っすな。
> (最悪でも、99.6%は8.14%はありまっせという意味となりますな)
>
> 少なくとも、経済学の世界からいうと、「250年に1度、2.97*3以上のブレがある」となります。
> (まぁ…まずあり得ないよ、という数字っす)

う〜ん、最後の一文で書いている大筋が理解できますが、難しいです。
数字のオンパレードで、抵抗値最大です。(笑)
じっくり、理解していくようにしますです、はい。

 

> 理解不能(正直自分も理解が困難(笑))な部分が多いですが、CSAに関するIFAの人ととある方とのやりとり抜粋をしておきます。
>
> -------
>
> >ていながら、なぜ突然こんなに落ち込んでしまったのでしょうか? 

     ;
     :
>

> >
> まぁ………「最悪ゼロになるとかはまずあり得ない」と解釈できればOKでしょう
> (笑)
> (自分もかな〜〜り斜読みしてましたし(爆))

なるほどですね。(笑)さっぱりわかりませんでした。
これ書いている人何者なんでしょう?凄すぎる!!!
今後、この方とメールのやり取りすることあるんでしょうか?
いやぁ〜、あるんであればレベルを下げていただかないと。(笑)
日本語しゃべってくれ〜って感じです。(爆)

 

> >ひとつのファンドは冒険して、あとはどんどん「10,000ポンド」貯まったら、すぐに
> >「WITHPROFIT」に入れていくっていうのもありかな?などと考えていたりします。(笑)

>
> ははは、アリでしょう。

「CSA」が大活躍してくれたらそんな気全くなくなったりして。。。。
応援したくなるファンドですね。この「CSA」は。(笑)
がんばれ〜!

 

> >まっ、上記の情報を教えていただいてから、いろいろとじっくり考えてみたいと思います。お手数ですが、どうかよろしくお願い致します。
>
> もしかして、ガラっと考えが変わるかも(笑)

変ってしまいましたね、きっと。
CSAに対する安心感が違ってきました。
ヘッジファンドという名前が不安を余計に誘っていました。

いろいろと考えましたが、結論として・・・・・・・・

できれば、「CSA」に80,000ドル、「WITHPROFIT」に35,000ポンドで行ければと思います。
ただ、「CSA」のミニマムの関係で、100,000ドルを切れないということであれば、残りのところで25,000ポンドを「WITHPROFIT」に入れたいと思います。
(このケースでは、1700万円を少しオーバーしますが仕方ないですね)

というところでいかがでしょうか?


たくみです。

こんばんは。
ふ〜、明日やっとおやすみです。(笑)

お疲れさまです。

 

> 自分は…いつも土曜日はほぼ徹夜に近いっす(笑)
> (正確には朝5:00くらいまでやって、そこからバク睡という感じっす)

たくみさん、こんなことやってると大変なことになりますよ!(笑)
貯蓄編に、専用の申込み窓口?なるものを作られたみたいですから、どんどん申込み来てないですか???
興味津々の人多いんだろうな、きっと。

いやいや、専用申込み窓口自体、発見した人がまだ殆どいません(笑)
まぁ…徐々に徐々に…でしょうな。

 

> て、シャープレシオたるものがあるんですね。
> (一応、これ、貯蓄講座(?)にもupしてます)

もう一度見直しをさせて頂きました。(笑)
何度も見直さないとわからないものですね。(何度見ても分からんという説も)
ただ、だんだんと知恵がついてきてますよ、私も。

シャープレシオという言葉自体、下手すると日本では馴染みがないかも。。
だって…この数字を用いると…殆どのファンドが「ダメ」と烙印を押されてしまうでしょうから。。
(よって…本でもあまり出てこない…かな。。)

 

> 通常は…シャープレシオとは「米国債利回り」(大体5%程度)を用いるのですが…
> 日本では「日本国債」を基準に考えているもの…だったんですね。
>
> ちなみに日本国債(10年)は1%ちょい。。

相変らずのご都合主義ってところでしょうか?
知らないですもんね、こんなとこまで調べる人なんていないでしょうから。
どんどん信用を失ってきますよね、日本という国に対して!

一応、解釈上では「ファンドで用いる通貨での国債を基準とする」であっているようです。
アメリカなら米国国債、豪ドルなら「オーストラリア国債」、ポンドなら「イギリス国債」と。。

って…国債がここまで低い国は…日本くらいなものですから…ねぇ。。。
そういえば…よ〜〜やく本等で「アメリカ国債の買い方」なんて内容があったような…
(いや、これはネットで見つけたのかな??)

日本は…とことん遅れている訳で…

 

> と、少々話しがソレてますが、10%程度となると「国債に毛が生えた程度」としか
> 捉えないというのは…ある意味世界からみると普通なのかもしれません。
>
> …自分自身、まだまだ日本人なんですけどね(笑)

なるほど、それが普通ですか。。。。
実感して、それが普通だと早く認識したいです。(笑)

アメリカといえば、モロ投資系で進んでいるという印象ありますよね。
個人的には、これからが注目〜と思っています。

「ホントにアメリカは投資系が進んでいたのか??」

最初の頃の「貯蓄情報」には…「金利が3%とかになったら暴動すら起きる」なんて書いてましたが…今じゃ1%あるかないか…です。
で、アメリカバブル崩壊にて…株式投資への個人参加がかな〜り抑制される動きにはなっていくでしょう。
一体、個人投資家は今後何を選択していくのか??

‥これで「投資系は危ないから貯金だよね〜」となったら…それこそ日本とそんな変わらないレベルになる訳でして……

日本がモデルとしているのは、モロアメリカ。
401K自体……アメリカバブル崩壊で、、、モロ日本は修正を余儀無くされる筈…なのですが、、そんな話出てきませんなぁ。。

イラクへの攻撃が出来なかったとしたら…どうなるんだろう??
素朴に…思ってます。

 

> 「100ー年齢の割合は株式投資(リスク)をおいなさい」

恐らく、日本人のほぼ100%に近い人がこれに該当しないばかりか、ほとんど「預貯金」で持ってる人多いんでしょうね。(笑)
おっと、今までの私がそうでしたね。(これからは、発想変えるつもりです、一応)

といっていたのは、正直今後通用しないかも(笑)
アメリカバブル崩壊=資本主義(市場は成長し続けていく)というものの理論の崩壊といえますからね。

暫くは…「市場に連動しない」形の非相関性系のものが運用の中心になっていく…と自分は見ています。
(って…誰もがいう事かもしれないですが(笑))

 

なるほど・・・・。いろいろと考えましたが、たぶん本当の意味で、自由に(或いはテキトーに(笑))リスクを背負えるのは、今しかない!と思いますので、(無理をするつもりは全くないですが)ある程度、自分の許容範囲でリスクを取りたいと思います。

散々リスクの話をしていましたが、「株式に投資せい!」というリスクという意味ではないのであしからず(笑)

「8年運用して、元本にしかならないリスク」
「滅茶苦茶低い確率で、元本を割れるかもしれないというリスク」

と、ここまでのリスクでしかないので(笑)
(まぁ…「どこがリスクやねん!」というレベルですが…利回り保証と比べればリスクになるかな)

 

> いや、実は「上記のような解釈」からきている言葉かと(笑)
> 日本円に未来が見えないというのはモロ正解かと。

一気に、円が下げてきましたね。(たくみさんの予想通りだ!)
しかし、私が円を売るまでは、なんとか円高状態でいて欲しいです。(笑)
なんで、こんなに一気に下げるんじゃ〜!!!

暫くは125円を境に動くでしょう。
(一応、125円というラインが損益分岐ライン。126円になれば円安、124以下になれば円高という風に表現する)

 

> 「何故に国債投資した方がマシだよ、というマイナス運用でいいファンドやねん??」

ひどい話ですよね。でも、私の愛読書の(笑)「ZAI」や「あるじゃん」をみていると、全然世界の事を知らない人は、『そうなんだ、インデックスより優れてるからいいファンドなんだ!』って思う人、少なからずいるんでしょうね。(私もそうでした)(笑)

どこのコラムだったかな、興味深い文章がかいてありました。

「株で儲けた事はあるけど、投信で儲けた試しがないなぁ」

…これじゃ、、、投信自体、敬遠してしまう…でしょうな。。

さて、基礎知識NO2を(笑)

 

<Incentive Fee>

例のCSAのページにもあるかと思います。
何ぞや?といいましたら、「利益が上がった分の何割か、貰うよ」というものです。

一般的に運用報酬、といわれています。
もし、ファンドが100から120になったら、20%の値上がり分に対して、ファンドマネジャーがもらうボーナスのようなものです。
この後、一端、110まで下がってしまったとします。次に115まで復活したからといって、115−110=5に対してボーナスは出ません。
次回、120を越えた分について、また、もらえる、という仕組みになっています。
これを、High Water Mark方式と呼びます。

お客様の資産が増える=自分のボーナスも増える、という利害一致型なので、成績に関係なく、販売手数料稼ぎに売りまくる日本式の投信とは、かなり違いますな。 

で、インセンティブ(運用報酬)が、通常はファンドマネージャーの収入源というのがオフショア、、いや、日本以外です。
だから、オルタナティブ系では、ベンチマーク比でかった・負けたを論じるのは愚の骨頂で、資産の増減こそ、命なのです。
 

ちなみに、日本は…ははは、いうまでもないっす。
こんな報酬制度は当然適用されておらず、サラリー報酬だよ、と。

気楽でいいですな。
他の類似ファンドのマネジャーと仲良くして、同じような銘柄を組み込んでおけば、どれもどんぐりの背比べの成績。一緒に落ちれば、他社比で大きく負けることもなく、全ては、景気後退のせいにできる、というものです。
 

正直…自分自身も全く詳しくはないのですが、「ファンドマネージャーは誰やねん?」という事、通常は気にしないですよね。
案外、海外では「○○がファンドマネージャー」をするというのは売りになるそうです。
逆にいうと…一度でも酷い成績を出してしまったファンドマネージャーは以後「ファンドマネージャー」として、世に出る事は…ないとの事。。
 

厳し〜い世界…ですな。

 

いやぁ〜、何度見ても正直理解ができません。
もう少し、じっくりと勉強してみます。

さて、標準偏差の実例を。

「偏差値」というのは聞いた事あるでしょうか?
大学受験等で用いられる、数字です。

「偏差値50=平均点」

とでもいえばいいでしょうか?
思わず、サササっとエクセルにて「平均点」たるものの例を出してみました。
添付、御覧になってください。

添付のものを見てみると…平均点は58点となります。
はい、この平均点の前後の人数が多い事が分かるかと思います。

偏差値…どうやって求めるんだったかなぁ。。
まぁ…数学の授業でもないので、計算法は飛ばします(笑)

「偏差値50前後が一番人数が多い」

という事は理解できるかと思います。

で、計算は飛ばして…

68%の人……偏差値50〜59の間に入る
95%の人……偏差値40〜69の間に入る
99.6%の人…偏差値30〜70の間に入る

と、なるんですね。
で、

68%の人……第1偏差
95%の人……第2偏差
99.6%の人……第3偏差

といいます。
で、計算法が既にありまして…

第1偏差……X*1
第2偏差……X*2
第3偏差……X*3

仮にX=10とした場合、平均点が50点とした場合、

全体の68%の人が45〜55点の間に入る
全体の95%の人が40〜60点の間に入る
全体の99.6%の人が35〜65点の間に入る

となります。
まぁ…本来のテストの場合は…当然もっとバラツキがあり、、標準偏差という数字で表すと少なくとも20程度にはなるでしょうね。

当然、この標準偏差が小さければ小さい程「みんなの学力が平均的」といえます。
(一応、みんなのレベルが均一〜となるような教育を現在求められているらしい…)

と、テストにて例を出してみました。
これが、金融の世界になると…そりゃ「ブレが少ない」ものの方がいいでしょうね(笑)

平均利回り……20%というファンドがあったとしても、標準偏差が40なんてあったとしたら……

68%の確率で……-20〜40%の運用となる

では……「どうなるか分からない、、リスキーなファンド」といえてしまいますから。 

と、標準偏差の求め方は分からなくても、単純に上記のように理解しておけば大体は分かる…かな??
(モロ、自分の解釈法なので……伝わりにくいかも…)

 

> CSAの詳細データっす。
> sutandard deviation……標準偏差=2.97
> sharpe ratio………………3.68(シャープレシオ)
> annualized return………16.96(年平均利回り)
>
> 当然、ドルものなので、シャープレシオ自体は「アメリカ国債」計算。
> 標準偏差(ブレ)自体も非常に少ないので、非常に安定しているファンドだよ、といえます。

了解です。どのポイントを見ればよいのかだけは、取りあえず理解しました。
このたくみさんが惚れ込んでるっていう「CSA」安定してるんですね。
元本保証なんて、あるとかないとかそういうレベルではないんですね。

要するに、上記ファンドの場合は…上記計算法に当てはめると

68%の確率で13.99〜19.93%で回る
95%の確率で11.02〜22.90%で回る
99.6%の確率で8.05〜25.87%で回る

というファンドになる、といえるんですな。
ちなみに去年は10%ちょいという事なので、理論的には「5%以下の確率」に当てはまった…という事ですな。
まぁ…20年に一度あるかないか?という数字だった、と。
(今年もここに当てはまりそうですが…)

このファンドの場合、、、確率的にいえば0.4%、250年に一度、上記の理論に当てはまらない事もある…といえる訳ですな。
まぁ、、元本保証ではないですが…確率的にいって……「かな〜〜り低いよ」という事ですな。

って…前回もコレかいてますがな(笑)

 

> >〜 CSA 〜
> >
> >1.どれくらいの年数の実績があるファンドなんでしょうか?

>
> 上記アドレスから判断するだけでも、少なくとも6年以上は実績があるものです。
> (10年はあるはず)

なるほど、英語で書かれてあるってだけで、全然冷静に数字見てませんでした。
一応、以前たくみさんが紹介してくれた「翻訳HP]を使ってみてみたんですが。英語アレルギーなんとかしないといけないですね。(学生時代は、英語は大好きだったんだけどな)

まぁ、数字の書いてある部分の単語だけ抑えておきさえすればどうとでもなります。
レギュレーションDの戦略ウンウン〜なんて…例え日本語で書かれていても理解不能でしょうし(笑)

自分でも…よ〜〜やく英語ページの検索をするようになったくらいですし(笑)
(よ〜〜やく、英語での検索にて目的っぽいページを時間がかかるが捜せるようにはなりました)

翻訳ソフト…「独特のいいまわし」(金融特有の英語)が出てきたら…???になりますし、ね。。
(この金融特有の英語に関しては…慣れる以外方法はないです)
(藁をもすがる気持ちで買った、カタカナ語新辞典というものが意外と役にたってます)

自分なんて…大学時代、外国語大学にいたクセに…英語アレルギーが未だ抜けません(笑)

 

> 一応、年平均利回りは去年の落ち込みもあり16.96%となってしまいました。
> (去年がなければ18%平均を保てたのですが…)

哀れな質問でした。(笑)
アドレス先のどこを見たんや!って、突っ込みたくなる質問ですね。
悪気はございません。見えてないんですね。
この解説のおかげでよくわかりました。(笑)

ホント、唯一英語でも助かっているのは「数字の部分さえ意味が分かればなんとかなる」という点です。
S&P500(まぁ…アメリカ版日経平均みたいなもの)の推移等、、英語のページでも数字さえ書いてあれば、なんとか理解可能ですしね。

 

> >4.このファンドは、株式に連動しているファンドですか?
>
> 微妙に連動してますが、「絶対利益追従ファンド」という名の元、常にプラス運用を
> 目指すヘッジファンドとなりますな。(株の影響をうけると、去年みたく10%程度
> に運用は留まってしまう)

「絶対利益追従」という名前がいいですね。(笑)
とんでもない利益を稼いでくれそうな気がしますもん。

はい、で、、その名に恥じない成績はおさめていますし(笑)

http://iasg.pertrac2000.com/SnapshotPT.asp?ID=424

上記のように中には、現段階で80%近い運用をしているファンドなんてあったりしますが…

・データが1年(というか出来てから1年たってない)
・標準偏差が45.70とアホみたいに高い
・標準偏差自体高いので、シャープレシオも1.87とそんなに高くない

まぁ、、、こういうのを一般的に「ハイリスクハイリターン」というのかもしれません(笑)
(自分はここまでの賭けは出来ない。それこそ1億くらい資産があるなら、シャレでやるかもしれないですけどね(笑))

 

> 過去実績からいっても非常に安定的商品といえる。MULUTI〜は、確かに元本保証とはなるが、ブレはかなり大きいので心臓にはよろしくない(笑)(最悪、元本となってしまう可能性がある))

え〜って感じです。
海外IFAのメールの流れでは、てっきりCSAよりはリスクが小さいのかと思ってました。なるほど、聞いて見るもんですね。(笑)
「最悪元本」ですか・・・・・・・元本キープできれば御の字ですなんて思ってる私はやはりどっから見ても生っ粋の日本人ですね。(笑)

元本保証になる確率(MULUTI〜)と、元本を割る確率(CSA)を考えると…
さらに、増える確率(目標利回り)を達成できる確率から考えると……
と、、そうすると、実はCSAのが「ローリスク」とはいえるんですな。
(元本にしかならない=リスクと考える)

 

> SHK自体は…これも正直つい最近はいってきた話なので、自分も勉強中っす。
> って…自分はこれに銭出すくらいならCSAかなぁ〜なんて思ってます(笑)

そうですよね、根拠はないのですが、なんとなくこのSHKという商品には、なんの魅力も感じることが出来ないんですよね。これなら、通貨リスクを飲んででも、お気に入りのwithprofitに全額の方がいいと思ったりして。。。。
このメールを頂くまでは、正直「multi〜」で行こうかって思っていたんですが、今回のメールで自分の方針が見えてきましたね。(笑)

ははは(笑)

multi〜も、元本保証、18%目標〜というものなので、これも別段悪くはない、いやむしろ合格ライン商品には変わりないのですが…これはCSAと比べると……ねぇ。。

  

> >正直なところ、自分の納得できる程度のリスクであれば、なんとなくですがCSAをやってみたい気持ちがあります。
>
> これは…自分の影響でしょうね(笑)
> 自分自身、これに惚れ込んでますので(笑)

その通り!!!
そして、IFAの方も、できれば・・・・・ってことで勧めて下さるこれしかないですね!
許容範囲っていうのも、もちろん何が起こるかわかんない部分もあるんでしょうけど、充分自分の考える範囲ですし。(笑)
 

正直…コレは「10%〜20%程度の利回りが安定的にあればいい」「極力マイナスにならないモノ」とした場合…コレの他が勧めようがない…ともいえます。
当然、これ以上のモノがもしかしたら見つかるかもしれませんが……そしたらその時にそっちにマルマル移せばいいだけですし。。
(CSA自体、早期解約手数料等は存在しないので)

まぁ…松下さんが60歳までに死亡する確率(大体10%弱)より遥かに「元本割れする確率」は低いという事もありますし、十分すぎる程条件的にはバッチシでしょう。

 

あまり(当たり前ですが)、詳しくない私が決めるより、海千山千のたくみさんや、IFAの方の勧めるのが一番のような気がします。
そのたくみさんが、惚れ込んでるっていう「CSA」。やらないって選択肢はない気がします。(笑)お気に入りの「withprofit」との金額的バランスだけ悩みましたけど。(笑)
 

ははは。
額が額ですからねぇ。
って…自分も早く銭集めて同じ悩みを持ちたいものです(笑)
(といいますか、自分ならこうするなぁ〜ってなプランにモロなってます(爆))

 

> 正直な話…ここでいった「最悪」自体、非常に考えずらいのも確かっす(笑)
> (設定以来、最大マイナス月が-1.25%と、圧倒的な安定性がありますので…)
> 可能性的に…仮に来年あたりにマイナスになる可能性は…松下さんが来年死亡する確 率より低いかと(爆)
 

縁起でもないです。(笑) 

何故か…死亡ネタばかりかいてますな(笑)
ホント、縁起でもない。
まだ入院する確率〜のが…って、ま〜た縁起でもない(爆)

 

なんかどれくらい伸びるか、楽しみなファンドですね。
そうそう、馬鹿な質問をさせてください。
同僚に話をしていてふと思ったのですが、私がやろうとしているのは、「投資信託」なんでしょうか?「保険」なんでしょうか?
 

これは…保険ではないですね。
強いてあげるなら、withprofitがHansard経由での購入となるでしょうから、一応は生保に…ともなりません。

今、銀行で投信やら今度10月から保険やら販売するようになりますよね?
これと同様、、ビッグバンが行われた国では特に区別自体なくなるんですね。

モロ、投資信託と考えていいでしょう。
(2つとも)

 

「オフショア」って言葉は、これと同義語になるのでしょうか?
「要するにひとことで言えば何なの?」って突っ込まれて、「外貨商品よ」って逃げてしまいました。(笑)

オフショア=税金のかからない地区

オフショア金融とは、正式には「税金のかからない国の金融」となります。
で、松下さんが今からしようとしているのは「税金のかからない国で金融商品を購入する」という事になるんですな。
 

基本的に税金は「購入した国の税制により」どれだけかかるかが決まるんですね。
まぁ…あり得ないですが仮に日本で「withprofit」という商品を購入したとしたら、毎年分離課税がかかります。
(利益の20%)

一方、オフショア地区の場合は…税は一切かかりません。

要するに「オフショア金融に投資する」という事です。
…まぁ、「海外ファンドを購入するのよ、オフショア地区でね」とでもいっておけばOKでしょう。
(100%理解不能とは思いますが)

 

> これ自体…早期解約控除の縛りが全くないので…最悪「ヤバい!」となったら、即座 に引き上げる事できますしね。
> (上記アドレスより、毎月の成績がupされる為、非常に便利)

これも魅力ですよね。まっ、ヤバくなんないこと祈ってま〜す。(笑)

まぁ、大丈夫と思っていいでしょう。

 

> まぁ………「最悪ゼロになるとかはまずあり得ない」と解釈できればOKでしょう(笑)
> (自分もかな〜〜り斜読みしてましたし(爆))

なるほどですね。(笑)さっぱりわかりませんでした。
これ書いている人何者なんでしょう?凄すぎる!!!
今後、この方とメールのやり取りすることあるんでしょうか?
いやぁ〜、あるんであればレベルを下げていただかないと。(笑)
日本語しゃべってくれ〜って感じです。(爆)

質問者……例の海外旅行(?)を現在している人
回答者……例の海外IFAの人

自分はcomulativeってどういう意味っすか?等と、英和辞典で調べろよ!という突っ込みを受けそうな事までメールしていたりします(笑)
基本的にいい人なので、「分からん!」といったら、とことん教えてくれますよ(笑)

で、このIFAの人とのやりとりは今後ありますよ〜。
って…大体大まかには自分がやってしまったので、そんなにはやりとりはないかもしれないですけどね。

 

「CSA」が大活躍してくれたらそんな気全くなくなったりして。。。。
応援したくなるファンドですね。この「CSA」は。(笑)
がんばれ〜!

同時に、アメリカ頑張れ〜とも。
レギュレーションD(いわゆる、未公開株を先に購入して儲ける方法。まぁ…例えば佐川急便が「うち、上場今度するんだよ。で、上場した時の1株の値段は10万でいこうと思っているけど、今なら1株5000円でいいよ」と内々で情報を仕入れ、上場と同時(上がるようなら、放っておくが基本的に上場と同時にうってしまう)に売却で利益をあげるという手法。現在…上場前でのオイシイウマイ話がない為、CSAはこの運用手法をやめている)は、景気が戻ってはじめて復活する手法ですので。
これが復活すれば…利回りも元(年18%程度)に戻るでしょうな。

 

できれば、「CSA」に80,000ドル、「WITHPROFIT」に35,000ポンドで行ければと思います。
ただ、「CSA」のミニマムの関係で、100,000ドルを切れないということであれば、残りのところで25,000ポンドを「WITHPROFIT」に入れたいと思います。
(このケースでは、1700万円を少しオーバーしますが仕方ないですね)

というところでいかがでしょうか?

CSA、恐らく8万ドルでOKだと思います。
(確か、前回これでいけた)

さて、松下さんの事を、一応海外IFAの人に紹介しますね。
(詳細はおいといて、概要とメールアドレスを教えますね)

暫くしたら紹介メールでも届くかと思います。

で、海外IFAの人の名前は「***」という方です。

この人とのやりとりの流れは

・パンフ(申込書)の取り寄せ依頼書
    ↓
・(パンフが届いたら)それに関するQ&A
 (申込書の書き方・ファンドの説明やら)
    ↓
・(やる!と決めたら)申込書を送る。
    ↓
・銀行入金(恐らく…ここが一番の難関かも。元銀行員との事なので、ヒジョーに細かく教えてくれます)

ざっくりかくとなんか味気ないですが、こんな感じっす。
基本的にどっちに以後メールをくれても構いません。
(って…このまま自分とはやりとり続けて全く構わないっす、、というかそっちのが嬉しいです(笑))

・専門的な話・銀行振込み等の話……**さん
・その他…………………………………自分

まぁ、こんな役割分担になる…かな??

 

しかし、タイミング嫌な感じですね。冒頭に書きましたけど。
円よ、もう少し頑張ってくれ〜〜〜!!!

よく考えたら…ダウ平均はボロボロに下がっているのに…それ以上に円が下がっている。。
不思議ですねぇ。。
まぁ…なんとかまだ持つかな…と個人的には思ってます。

 

全然知らないんですが、この本、出版直後は相当売れたんですか?
とても楽しみにしてますよ、この本。

いや、そんなには売れてないかと思いますよ(笑)
ただ、海外金融系の本では一番メジャーにはなるかと思います。

ではでは。


前回、今回と異様に難しいと思われる人が多い様です。
標準偏差、シャープレシオ。。
次回あたり、やりとり掲載を中断し、ここらを噛み砕いて分かりやすく書いてみたいと思います。

ここさえおさえておけば、他の投資でもかなり使えますからねぇ、知識的に。
(標準偏差等はパチンコのボーダー理論でも使われている(笑))

 

【この項目でのQ&A】
 
ココにてQ&Aの一覧が見れます。実はこっちのが見やすいかも)

Q)

今回は特になし。。というかこの連載(?)にキリがついたらまとめてup予定っす。


 [目次] [次へ][貯蓄診断(?)問い合わせページ] [診断の実際(生保編)] [お金に関するエトセトラ] [TOP]