診断の実際〜貯蓄編(一括編)〜


 


◆機会損失リスク

「ん〜、海外ものやりたいけど…送金手数料が安い所探してから〜」

と御考えの人も案外多いようです。
はい…そりゃ為替手数料の安い所・送金手数料が安い所のがいいですわな。

が…仮に探す時間がかな〜りかかってしまった場合…実質的に損失がある〜なんてケースも多々あります。
例を。

【年利10%で回る商品があったとして…】

1ドル120円として…

1万ドル購入…120万円
1年後…132万(為替手数料はここでは加味せず)

12万÷12ヶ月=1万

はい…非常に単純に、「送金手数料が安い所を探す〜」として1ヶ月以上かかったなら…実に月1万の損失になるといえます。はい…いくら安い所〜といったとして…1万以上の差が出る訳…ないですからねぇ。。。

 

【為替手数料が安い所を探す】

1$120円時、片道1円の場合1万ドル購入……121万
1$120円時、片道0.5円の場合1万ドル購入……120.5万
1$120円時、片道0.2円の場合1万ドル購入……120.2万

はい…当然手数料が安い所のが、購入価格は少なくて済みますが…上記に謳ったように…1ヶ月は言い過ぎとしても、3ヶ月の時間がかかったとしたら、当然損失が発生します。

額が大きくなれば、当然為替手数料の安い所が〜と御考えになるのは分かりますが、探すのに時間がかかるようなら、パパっとやってしまった方が損失は抑えられたりします。

この事を、機会損失リスクといいますな。

【為替が有利な方に向かうのを待ってから〜】

はい…これも気持ちは重々分かります。
が…これにて投資する機会を1年と延ばしたとしたら…そりゃ機会損失リスクになりますわな。
はい…商品にもよりますが、為替での損益以上に投資での利回りのが期待出来る為、実はパパっと始めるのが吉だったりする場合が多いですな。
為替がホントに有利にすぐに向かうのならまだしも…不利な方に向かわないとも限らないですしね(笑)


ふぅ…一気に初歩シリーズをupしてみました。
参考になる…かな???

次回は…何をかこうかなぁ。。
近々、何かかくかと思います(笑)

 

【この項目でのQ&A】
 
ココにてQ&Aの一覧が見れます。実はこっちのが見やすいかも)

Q)

今回は特になし。。というかこの連載(?)にキリがついたらまとめてup予定っす。


 [目次] [次へ][貯蓄診断(?)問い合わせページ] [HOME| 保険診断| 電子書籍| 問い合わせ|
">診断の実際(生保編)] [お金に関するエトセトラ] [TOP]