診断の実際〜貯蓄編(生保編)〜


 


◆禁断の…

まぁ…覚えている人はかな〜り少ないでしょう。

・大きな声ではいえない生保の裏事情new,20

上記のメールマガジン、2000年11月末に書いたものですね。
3年前…ですか、、あっという間だったような、非常に長かったような。。

海外金融商品の紹介〜というのは既に実現していたのですが、「死亡保障」は…中々難しかったですね。
理想は「日本にいながら、告知でいける」でしたので…ね。
(海外まで飛ぶ〜というものの需要もあるかとは思いますが、自分なら飛ばないであろうから(笑))

よ〜〜〜やく、当時書いていた事が実現出来そうです。
って…今見たら…「自動車保険の優良代理店を紹介」ってのが…ありましたねぇ。。
モロ忘れていました。
って、これは需要…あるの…かな???

今回は、触りという事で、サラっと書いていきますね。

 

◆比較

取りあえず、以下の内容を御参照を。

 

男性、非喫煙者、健康、危険なスポーツ・職業に該当せず、年齢満35歳という想定で:

終身保険

死亡保険金USD200,000

支払い期間

20年

最低運用利回り保証付

最悪の状態でも、115歳までは保障あり

============================

年払保険料: USD2200 (支払い期間20年なので、合計USD44,000)

解約返戻金見込み(米ドル) 現行利回り年4.5%を前提に試算:

65歳

:71,658

75

:93,280

80

:104,043

90

:118,204

100

:89,040

110

:131,801

115(満期)

:160,356

上記のプランは、死亡保険金額は常にUSD200,000をキープするタイプです。
試算の前提となる現行利回りは年4.5%ですが、年4.0%は最低保証されています。この最低利回りと、保証し得る最大死亡率&経費率で計算して、115歳までUSD200,000の死亡保障が続きます。

但し、上記の最悪の事態で試算した解約返戻金は、

65歳:26,586
75歳:ゼロ

となり、ひたすら死亡保障のみ、となるわけです。(それでも、当初の目的は達成されているわけですから、十分だと思いますが・・・・)

どうでしょう? USD200,000の終身保障にかかる保険料合計がUSD44,000。
現状が維持できれば、65歳以上で解約し、ほぼ、支払い保険料の倍額かそれ以上が返って来る、という保険・・・・。

保険金額に対する支払い保険料の割合はわずか22%です。

もっと解約返戻金を高く設定するものもありますが、当然、支払い保険料も高くなります。
プランによっては、多く保険料を支払えば、死亡保険金額もぐんぐん増えて行くものもあります。

「最悪の状態」というのは、運用利回りが、加入年から毎年、続けて最低保証レートになってしまって、さらに、危険保険料(という言葉使います?)や経費が保証し得る最大限にまで達したまま、毎年、経過した場合を指します。

天変地異と疫病が続き、世界同時不況が何十年も続く、という壮絶な状況を前提とした「最悪の状態」を指しますので、これに該当する時には、日本経済は破滅していることでしょう。そんな時でも、115歳までは保険金出すよ、というレベルにしてます。

〜〜〜〜〜

大体月20166円での死亡保障約2200万前後の終身(?)の値段ですね。

<アリコ利率変動型終身>

ちょいと苦しいですが、40〜60歳の20年払いと比較。
100万あたり3208円なので、2200万ならば70576円。。
…まぁ、、論外かな?

<スカンディア変額終身>

これも苦しいですが、40〜60歳、2000万の変額終身として比較。
500万で9415円(男)となるので、2000万だと37660円に。
ん〜、これでも約倍か。。

<定期保険〜オリックスダイレクト〜>

35歳男性、30年払込み2200万での試算が…10098円。
総払込みが…10098*12*30=3635280円
さすがに定期には勝てないか…と思ったら…

115歳までの保障があるんだ…
…下手したら、、定期より安いか??

…ダイレクト定期での試算が35年までしか出来なかったので、滅茶苦茶苦しいですが40〜75年定期として試算。

月保険料が18348円。
18348*12*35=7706160円(総払込)

おぉ、このように試算すると、最悪の状態でも定期として考えればダイレクト定期より安い事になるんだ。。
しかも、これは35年定期なので、それ以上の定期ならばさらに保険料は大きくなる訳だから…

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この試算では「定期より事実上安い、終身保険もどき」という感じでしたね。
細かく設定出来るようで、「死亡保障重視、解約金はどないなってもいいから、日本の変額終身みたいなものはないか?」「従来の固定利回りの日本ものみたいなのはないか?」という事も可能なようです。

「死亡保障なんぞどうでもいいから、利回りを重視で〜」

となると…それがハンザード等の積み立てものとなるんですな。

最悪の事態は考えにくいですが、最悪のケースで考えたとしても、、、日本ものよりはマシかな?

 

◆問題の生保会社はどこ??

「まぁ…安いのは分かったけどさぁ、どこなのよ、それ??」

と、なるでしょうが…今ある話の所は…滅茶苦茶意外な所です。
(一度は拒絶した日本居住者の受け入れを、再び解禁してくれるようになりそう…という所)
(かなりの知名度の所っすな、日本でも聞いた事はあるでしょうよ)

30万ドルまで、40歳までの人ならば告知のみでOK、海外に飛ぶ必要なし!

正式に紹介出来るようになるのは、、、来年2月頃になる…かな??
(多少ズレる事もあるかも)

情報が入り、状況が整い次第、徐々に詳細をupしていきやす。

こう御期待!

 


ふぅ…よ〜〜〜やく現実的になってきた話です。
元々は…「海外生保を紹介するんじゃ!」というのがきっかけで、独立系FPやっていました。
ふははは、滅茶苦茶遠回りしましたね、まさか海外投資を先に考える様になるとは(笑)

正直、今となっては海外投資系の情報を集めたのは大いにプラスにはなりましたが、、

一応、「保険クリニック裏病棟」という名の示す通り、本来保険のページですから(笑)

ま、ほそぼそとやっていきますよ、これはね。

ではでは。

 

【この項目でのQ&A】
 
ココにてQ&Aの一覧が見れます。実はこっちのが見やすいかも)

Q)

今回は特になし。。というかこの連載(?)にキリがついたらまとめてup予定っす。


 [目次] [次へ][貯蓄診断(?)問い合わせページ] [診断の実際(生保編)] [お金に関するエトセトラ] [TOP]