HOME大きな声では言えない生保会社の裏事情営業暴露日記目次

たくみの営業暴露日記?〜第2部〜(3)

<中だるみ…>

6月某日。入社以来初のスランプに陥っていた。
スランプというのは契約が取れない…事ではなく、一連の新人指導の疲れからか、どうにも仕事をする気が起きないのである。

なんとか足は動かすものの、新規飛び込みをする気力が湧かない。慣れ…とでもいうのだろうか、入社当時のスパルタ教育が生み出したガムシャラさからは開放されている立場。特に誰かが見ている訳でもなし、怒られる訳でもなし、家庭をささえている訳でもなし。同じ立場になった24歳、社会人2年目という立場からいえばごく自然ともいえる「中だるみ」といえるであろうか。

当然、動きと契約は比例するものであり、2週目半ばの段階で契約…どころか見込みらしい見込みも全くない状況。本来ならば、ここで「うわ…今月ヤバいよ」と焦燥感より動くのが人間心理ともいえるのだが、加藤はそれでも動く気になれなかった。いわばかなりの重症である。

(ふぅ…なんか疲れた、なぁ。ここ2ヶ月契約とってない事もあってか、、動く気になれないや。。ま、何とかなる…さ)

と、いわばダメ人間の典型ともいえる考えでいたりした。
が…意外な事に、これが幸を呼ぶ事となる。

(さ…て、やる気起きないからまた喫茶店でお茶しよ)

万が一上司達に見つかるのも面倒な為、大通りから1本外れたとある個人経営と思われる喫茶店に加藤はここ2週間程毎日のように通っていた。なんとなく居心地が良かった事、他に目立たない喫茶店がなかった事により。

(ふぅ、今日もここで時間潰す、か)

ここの喫茶店でコーヒーを飲みながらしていた事、それはいわゆる「訪問先の嘘申請作成」である。どういう事か?といえば、万が一活動について営業部長等に聞かれた場合に即座に答えれるように、というアリバイ工作である。(ホントアホみたいな話ではあるが…)

1年、ギッシリと飛び込みしていただけあって、時間配分等ホントに実際に回ったらこのくらいの件数になるであろう、という完璧ともいえるアリバイ工作をいつものように作り上げていた。その時、いきなり声がかかる。

「へぇ、保険屋って案外大変なんだねぇ。いつもビッシリ予定表みたいなの書いて…」

話し掛けて来たのは、この喫茶店のオーナー兼ママさん、福井さんであった。
さすがに毎日顔を出して同じ席で同じ様な作業を毎度していたが為、加藤の事をすっかり覚えたようである。確かに喫茶店からすれば常連さんとなる回数になる。

「いやぁ、単なる休憩で茶店に来てるだけなんですけど、何かしていないと落ち着かなくて」

まぁ、単にサボリの為のアリバイ工作をしていただけではあったが、確かに何もしないでは手持ち無沙汰であったというのも事実である。この一言がきっかけで、気がつけば1時間程福井さんと話し、意気投合していた。

「へっぇ〜、保険屋さんは大変なんだ。あ、そうだ、良かったらうちの保険をちょっと見てよ」

と、、意外な話が舞い込んで来た。結果、他社契約の切り換えがその日のうちに決定。実に久しぶりの契約が取れる事となった。

「ま、これからもちょくちょく来てよ。午前中とか来るともしかしたら面白い事になるかもしれないよ」

帰り際、ママさんが意味深な言葉を加藤の背後に向かい投げた。

(まぁ、契約頂いたから、ちょくちょく顔出す…か)

と、ママさんの言った事を「常連として来いよ」とだけ解釈していた。

 

翌日、律儀にも午前中に加藤はその喫茶店へ出向いていた。
仕事をする気になれなかった事もあるが、先日の言葉を無視するのも悪いというのもあって。

「ちわ〜っす。昨日はどうも〜」
「あら、加藤君、いらっしゃい。今日はココに座りなよ」

と、いつもとは微妙に違う場所に座れと指示、それに従う。
自分の横には…少々年配の推定50歳ちょいくらいのおじさんが座っている。

「あ、そうだ、ガンさん加藤君に会うのはじめてよね。この子、昼間の常連の加藤君、保険屋さん」

いつのまにか常連扱いで、このガンさんという方に紹介される。

「あ、どうもです」
「ほぉ、君は…保険屋かね?昼間の常連だって?」
「えぇ、ここらへんの地区担当してまして、サボってるんです」
「この若もんが、サボっちゃいかんだろ。って俺もサボってるんだがな、ぐははは」

何故か意気投合、ママさんと交えながら実に2時間程会話を弾ませた。

「…そういや、加藤君は保険屋だったよなぁ。ちょっとうちの会社の保険について相談したいんだが‥」
「え?」
「あれ?聞いてなかったか?俺は雁山会社の代表してるんだよ。午前中は会議終わってからの生き抜きでココに抜け出しているんだよ」
「えぇ?」
「どうせ今日はヒマだろ?今からついて来いよ」

と、表に止めてある高級車におもむろに乗り、加藤を引き連れ会社へ。その会社を見て加藤はさらに驚く。確かに地区内にあったものの、その風貌の大きさよりビビって過去一度も飛び込みしなかった所であったからである。恐らく喫茶店での出会いがなければ、間違いなく一度も訪問する事はなかったであろう会社である。

2時間後、ほぼ話は決定。翌日新しく就任した城山支部長を引き連れ、億単位の契約がまとまった。

帰り際、城山が話し掛けて来る。

「加藤、お前頑張ってるんだってな。トレーナーの仕事もしながらこれだけの所探して来るなんて、凄い活動量だな。もう少しガス抜いた方がいいかもしれないぞ、ははは」
「え…えぇ‥」

と、非常にバツが悪かったのはいうまでもない。ガスはここ暫く抜きまくっていて、その結果の偶然の幸運だったとはいえないが為。

「ま、今日はデカい契約取れた事だし、お茶でもしてくか」

と、城山は粋な計らいで加藤を喫茶店へと連れていく。向かった先は…喫茶福井。
ヤバい!と思いつつ、他の場所にしましょう等とは言い出せず、とうとう喫茶福井へと入る事に。

「あらぁ、加藤君じゃない。先日はどうも〜」

何も知らない福井さんは慣れ慣れしく話して来る。それに疑問を持った城山が尋ねる。

「ん?お前、この喫茶店知ってるのか?」
「い、いえ。先日保険入ってもらったんですよ」
「!!お前は凄い。喫茶店でも営業するなんて、営業マンの鏡だ!」

と、不思議な解釈を城山はし、加藤を絶賛する。
当然、加藤は何ともいえない表情で相槌をうつのが精一杯であった。

…個人経営の喫茶福井。大通りに面している訳ではないので客こそ多くはないものの、それが逆に受けて常連になる人が、案外いる事を知るのはもう少し後である。この不思議な客層の常連を抱えている喫茶店が当面の加藤の重要活動拠点になる事になるのは、まだ加藤は知らない。

入社後はじめてのサボり。が、その月終わってみれば去年9月に次ぐ成果をおさめる事となった。サボリが生み出した思わぬ成果。姑くの間、加藤は風に恵まれる事となる。


<挿話>

無気力。
皆さん経験ないっすか?自分は…案外経験あります。
(サボり魔ともいえる(笑))

2年目のこの時期、入社以来はじめての中だるみ時期でした。えぇ、喫茶店に入り浸ってました。ま…典型的なダメ営業マンですね(笑)
が、本来ならここでバチでも当たり、成果なんぞあがる筈もない訳ですが…自分の場合は何故かこの事がキッカケで営業がガガっと開花していく事となりました。
(ホント、ラッキーな出来事で味をしめた)

個人経営の喫茶店(ママさんorマスターがいる所)の場合、恐らくは大抵常連が数名います。ま…当然自分のように「サボろう」と思って来ている人もいる訳であり。
マスターあたりと仲良くなれば、何故かしら常連が重なった時、お互いに紹介するんですね。(バーでも同じ…か?)

えぇ、当然そうなれば手っ取り早く人との距離を縮める事が出来ます。
自分の場合は5つくらいの喫茶店でローテーションを組み、顧客回りのようにグルグル回ってコーヒー飲んでは常連さんを紹介してもらってました。

結果…喫茶店巡りだけで少なくとも1年間程の生活費程度は契約取れました。

世の中、何が幸いするか分からないものでして…自分のホントの営業開花は、「サボり」からでした。


戻る><次へ


HOME大きな声では言えない生保会社の裏事情営業暴露日記目次