HOME大きな声では言えない生保会社の裏事情営業暴露日記目次

たくみの営業暴露日記?〜第3部〜(8)

【某外資の誘い】

「おぅ、加藤君。丁度いい所に来た。こちら、外資の桃田さんだ」

北さん(第2部(6)参照)の所へ馴染み活動にいった加藤に対し、北さんは突然こともあろうに外資の桃田さんを紹介する。

「え…あ、ど、どういう事ですか?」
「いやぁ、案外外資さんっていいよ。加藤君、もしかして転職しないかな、と思ってな、ははは。一度話しを聞いてみたらどうよ?」

冗談交りに話す北さん。恐らく1年前ならば二つ返事で「結構です」と言い放ったであろうが、正直かなり会社の居心地が悪くなっていた加藤にとっては、新たな職場という選択肢を見てみるのもいいか、と思っていた所であった。

「まぁ、いいですけど…仮に自分が転職したとして、北さんどう思います?」
「ん?俺??別に加藤君の会社が気にいって入っている訳じゃなくて、加藤君が気にいって入ってる訳だし、逆にいい商品扱っている所にいてくれた方が俺は嬉しいなぁ」

なんだかくすぐったくなるような事をいわれ、テレながら、桃田という人物と名刺交換をする。名刺交換をし、予想外の言葉を加藤は聞く事になる。

「あれ?君があの加藤君?いやぁ、御会い出来て光栄だよ」

あの加藤君…といわれても、全く心当たりがない加藤は、どういう事なのか聞き直した。

「あぁ、君の名前は案外聞くんだよ、お客さん達からね。どれだけの人から「加藤君に入っているから」と断わられた事か。本来なら国内生保からの切り返しは難しい事ではないんだけど、君の契約は中々切り返しが難しくて、ね。一体どういう営業をしてるのか、どういう人なのかというのは前々から見てみたかったんだよ」

なんだかボー然とする気持ちになる加藤。追い討ちをかけるように、桃田が続ける。

「で、色々なツテで調べてみたら、予想通りかなり成果をあげてきている人物だと分かってね。たまたま北さんと話しをしてたら、君と親しいというから、是非紹介して欲しいといってた所なんだよ。単刀直入にいうと、君、うちに来ないかね?」
「え??」

突然の話しに、一瞬加藤の思考回路が停止する。それを見計らったように、桃田がさらに続ける。

「善は急げ、だ。さ、これから色々説明させてもらうから、喫茶店にいこうか」
「え、え??」

絶妙なタイミングで加藤を誘いだし、ホント気がついたらソコにいた…という表現がピッタリな程、いつのまにか喫茶店にてコーヒーを頼み、目の前には桃田がいた。

「改めてはじめまして、桃田といいます。こう見えても君の会社でいう営業部長をやってます」

といわれ、とっさに先程貰った名刺をまじまじと見てみる。確かに肩書きはそのような名が書いてある。

「で…君なら理解出来ると思うから、まずはうちの商品を見て欲しい」

といい、各種設計書とノートパソコンを取り出し、加藤に見せる。正直、この外資の名は聞いた事があったが、商品の詳細を見た事はなかった。結論からいうと…唖然とした。自社と比べて圧倒的に細かい設計が可な点、何よりも商品力の圧倒的な差。思わず加藤はボソっとつぶやく。

「…こんな商品、設計出来たら…販売もさぞかしラク…でしょうね」

いわば、心の叫びに近かった。去年まではあまり感じなかったが、今年は特に「主力商品を売れ」「如何に主力商品に結び付けるか」というような体制に変わっていたが為、加藤が設計した商品を販売したとしても、逆に怒られるぐらいになっていた。しかも、会社の方針なのか、主力商品以外の手数料は激減しており、実質去年と同じ反倍数をしたとして、収入は2/3程度になってしまう状態となっていた。そんな現状であるが為、加藤には外資の商品力にただただ唖然、非常に眩しく映った。

「まぁ、商品力もそうだけど、手数料も違う訳なんだな、これが」

と、続いてノートパソコンを叩き、手数料を見せる。ここでも加藤は愕然とする。自社と比べ、少なく見ても倍は違う収入体系となっていたのである。さらに桃田が続ける。

「君の事は、個人的に非常に買ってるんだよ。当然、今すぐ返事をしてくれとはいわないが、考えてみてくれ。君が来てくれるなら、特別に謝礼金だって払う用意をしてあるんだ。正直、うちの社員は皆若くて、経験がそれ程ない奴ばかりだ。君はうちの社員にとっても、いい刺激、存在になると思うんだよな」
「は、はぁ…」

喫茶店を出て、桃田と別れた後、加藤はゆっくりと話しを整理した。何か知れないが、自分の噂を嘘かホントかは分からないが聞いていて、自分を買ってくれている。お世辞でも悪い気はしない。商品力、設計は格段に上。収入も格段に上。…条件はかなりいい。

(が…今までの会社の恩もあるしな…恩?ホントにあるのか??)

この時は、まだ「転職」という意識は限り無く薄かった。あるとしてもまだ数年後の事であろう、と。

が、急速に加藤の中で大きく変わっていく事が起こる事となる。


<挿話>

外資の条件は…日生と比べてベラボウによかったですね。支度金50万だったかな?不思議な銭までつけてくれるとの事だったし(笑)転職…する事になるとはまだ夢にも思いませんでした、この時。が、これも一つのやめるキッカケだったんだよな、と後に振り返って思ったりもしますな。




戻る><次へ


HOME大きな声では言えない生保会社の裏事情営業暴露日記目次