HOME大きな声では言えない生保会社の裏事情営業暴露日記目次

たくみの営業暴露日記?〜第3部〜(12)

【残された人々】

4月。
いつもと変わらない営業所の風景。年度はじめという事もあり、少々緊張した空気が流れている。
この時は誰も、何の変化があるとは気付かなかった。

・・・1人を除いて。

1人、木村だけがまるで何かに怯えるかのような表情をしていた。

(…加藤さんのいってた事、ホントだったんだ。。で、置き土産といって自分に託した契約の設計書、これは…何かの冗談…嫌がらせか??)

木村がそう思うのも無理はない。
5人の会社契約に個人契約の分をあわせると、保険金合計は優に50億は超えている。当然、その額は木村が今まで取って来た契約全てを合計しても全然到達しない、額である。木村はこれまで、主に個人宅対象の契約ばかりであったので、億という単位の設計書を作った事は過去一度もなかった、ごく一般的な営業職員であった。

木村は、まるで狐に包まれたような気持ちで、半ばやけくそ気味に加藤が指示した企業へ出向いた。

「す、す、すいません!!○○生命の…き、木村といいますが、、、」
「あ、少々お待ち下さいませ。あちらで社長がお待ちです」

木村は必要以上に緊張していた。それもその筈、この企業は地元の人ならば誰でも知っているといっても過言ではない、有名企業であったからである。それ以前に、木村は企業訪問という活動自体がはじめての経験であった。

受け付けに案内された応接間へ、恐る恐る入っていく。

「おぉ、君が加藤君の代理で来た木村さんかね。よろしく。じゃぁ、早速指示した設計書を見せてくれるかね」
「は、はい」

話しは大体まとまっている感じを受けた木村であったが、この時でもまだ、設計書の額が一桁間違っているのでは?という疑問は消えない。えぇい!という気合の元、恐る恐る設計書を提示する。そして、それをまじまじ見る社長。

「……なる程、なる程。よし、分かった。返事は来週中にでも電話するよ。あ、加藤君にもよろしくいっておいてな」
「は、はい」

…どうやら、本当にこの設計書で間違いはなかった様子である。半ばホっとしながら、会社へと戻っていく木村。

(まぁ…さすがにこれが決まる…事はないよ…な。あの設計書の1割でも決まったら…ははは、そんな事もない…か)

木村は想像を遥かにこえるケタの大きな契約がまるで宝くじでも買ったかのような気持ちになっていた。当たる訳がない、と。1万でも当たればラッキーだな、と。

木村がすっかり忘れてしまっていたこの契約は、2週間の時間を経てOKという答えが返って来た。

(え…え、え??OK…って、、あれで決まる…の…か??)

慌てて契約書をつくろうとする…が、必要書類が何が必要か分からない。(ある程度額の大きな契約の際には、色々必要になる)
取りあえず、営業部長に相談する事にしてみた。

「あ、あの…営業部長、相談があるのですが…」
「お、何だ?(リラックスでもしているのか、お茶を飲んでいる)」
「この度、会社契約が取れる事になって…」
「(目を見開きながら)おぉ!おめでとう!お前にとって初めての会社契約だな。額は5000万くらいか?」
「いえ…それが…合計で50億超なんです…」
「(お茶を吹き出しながら)ゴホ…5、50億〜〜?お前が?どういう経緯で取れたんだ?何?この企業は…お前、どんなコネでもあったんだ??」
「い、いえ…そ、それが…」
「この形式だと…役員退職金制度を作って、という形…か。お前、いつその勉強した?」
「い、いえ…その…」
「…お前、、、これ、お前の契約じゃないだろ、ホントは…」
「は、はい…それが、、実は…」

加藤の誤算…いや、恐らくは誰に頼んでも同じ事であったであろう。額が大きすぎるが為、そのプレッシャーに負けてか、木村は今までの経緯を隠す事なくしゃべり続けた。全ての話しが終わった後、営業部長は少々遠い目で何かを考えていた。

(あいつ…なんで辞めた…んだ?)

横田営業部長が知っている事は「一身上の都合」という事だけであった。基本的に去るものは追わずという方針でやっているが為、何も聞く事なく退職願いを受取ってはいた。

が、冷静に考えてみると、不思議な事が多くある。本来辞めていく人間というのは殆どが成績不振で辞めていく。成績が好調で辞めていく人間は…せいぜい寿退社くらいであり、加藤にそれが当てはまる事は考えられない。

今後に不安を感じて…というには、加藤の最近の成績は飛ぶ取りを落とす勢いであり…さらに今回の「置き土産」と称する企業契約は…在籍していたとしたら一般のサラリーマンの得られる数年…いや、それ以上に値する手数料が得られるものである訳で。

加藤の行動自体、全く理解出来ずにいる営業部長。
そこに1本の電話がかかって来る。

「お世話になります、大森です。実はとある企業より電話がありまして、加藤の様子が少々おかしかった等伺いました。加藤に何があったんですか?」

大森。
覚えている人は少ないかもしれないが、1年目の時の支部長である。加藤が最後に訪問した企業は昔、大森が出入りしていた事もあり、社長と仲は良かった。今回の加藤の契約の事は社長より大森の耳に入っており、影で大森の太鼓判を押されたから決定した契約ともいえた。大森本人としても、過去1度だけ、加藤経由の契約にて不手際をおこした事があり、その穴埋めの意味も込めての援護射撃であった。(
第10話参照)
※当然、加藤はその事を知らないでいた。

突然の意外な人物からの電話に戸惑う横田。普段はテキパキと何ごとにも対応する横田らしからぬ、ごにょごにょした対応に、大森が少々キレる。

「…もしかして、加藤に何かあったんですね?もしかしたら退社…とか。仮にそうだとしたら、あの加藤がそこまで思いつめるなんて…何があったんですか!」
「い、いや…その…」
「とにかく!この件については支社長にも相談したいと思います。元部下である加藤は貴重な存在として私が大事に育てた人物ですから!」
「……」

横田は知らなかった。
加藤の入社経由、そして横田が来るまでの異例ともいえる実績について。
いち営業職員である加藤の存在が、想像以上に認知されていた事を。

翌日以降、異例とも思われる加藤引き戻し活動がはじまった。
営業部長はもちろんの事、今では特に利害関係のない大森をはじめ、支社長まで。

加藤が、何ごともストレスなく戻って来れる環境を、という事で、異例中の異例とも思われる人事異動すら行われた。調査の結果、城山支部長がしでかした事が発覚、大きな原因になっているであろう事より、城山を遠くに飛ばすという離れ業まで。

給与面でも、異例ともいえる高額レートを用意する事になっていた。
(引き抜きの際に使われるレート)
加藤が望むならば、他の営業所へ移ってもらっても全然構わない、と。
いち営業職員の為、ここまでの待遇を用意するのは異例中の異例であろう。

が、どれだけ探しても加藤の行方は掴めなかった。
自宅はもぬけの殻、電話は常に留守電。
毎回電話をかけては留守電にいれ、訪問しては手紙を置いて来るという事を繰り返すだけで、何一つ行方の手がかりすら掴めない。

 

(ふぅ…今日も留守…か…)

1人の男が、加藤の家を訪問し、帰っていく所であった。この男は既に加藤家を10回は訪問していた。電話をした事は数知れず。自分以外にも、この男の持つ人脈を遣っての大捜索を行っていた。この男の名は…勝野である。
人それぞれ感じ方は違うであろうが、恐らく勝野が一番加藤の突然の退社に驚きショックを受けていた事であろう。

「なんで…俺に一言相談してくれなかった…んだよ。会社辞めようが、何しようが俺は気にしなかったのに。一言相談してくれていれば…」

空が夕闇に暮れていく中、ポツリと誰に話し掛ける訳でもなくつぶやく勝野であった。

 

加藤の行方は誰も知らない。
加藤の気持ちは誰にも分からない。
加藤のこれからは誰にも分からない。

群集の中にいた1人の若者は、広い荒野へと消えていった。
広い世界において、この物語を知る人物はごく一部であり、世間に与えた影響は計り無く少ない。

そんな、ミクロな世界の物語がここに完結する。

(第3部完)


<挿話>

最後は…どないしようかと思いましたが、限り無く「聞き捨てで聞いた事を参考にした」架空の話で締めてみました。

「武田 淳」(筆者、たくみの本名です)

ま、10年前にはまずこれを読んでいる皆さんも誰も知らなかったでしょう。
そりゃそうだ、別にメディアに名が出た事もない、そこらの1人の若者でしたから。
当然、この出来事が起きた事を同時期に知っている人なんぞ、宝くじに当たる確率より低いくらいの割合しか知らないでしょう。(まぁ、殆ど誰も知らない)

ま、これを読まれた方の中には「なんて業界なんだ!」と思う人もいれば、「これくらいは普通だわね」と思う方もいるでしょう。

えぇ、何てことない、普通の体験日記に過ぎません。

「たかだか1人、弱小の若者にした事なんか知れている。業界はこれからも変わる事なく存続するさ」

まぁ、自分の暴露日記なんぞで与える影響なんぞ些細かもしれません。
今の…裏病棟の存在ですら、限り無くアウトオブ眼中ですからね(笑)
が、これを機に、少しでも業界が変わっていくキッカケになれれば…なんて思わずにはいられません。

って…さすがに難しいか…。

ここからは…書籍にはならない内容…最終章を書いていこうと思います。
ある意味、ここからが一番面白い&グロいかも。。




戻る><次へ


HOME大きな声では言えない生保会社の裏事情営業暴露日記目次