ホーム | お問合せ

目次

最終更新日:'10.12.10

目次
第01話
第02話
第03話
第04話
第05話
第06話
第07話
第08話
  :
※過去の営業手法をまとめた
 電子書籍を販売中。
 興味ありましたら是非!
ストレスのたまらない
 保険営業の仕方

楽しい生保営業の仕方(第2弾)
スランプに陥った時に読む保険営業本(第3弾)


第2話-空白時間

「え?登録出来…ない??」

退社数日後、加藤は約束通り(?)、アリコの桃田氏の所へ出向いていた。翌 月1日から即座に動ける、そういうものだと思っていた矢先の言葉であり、一 瞬意味が分からないでいた。

「まぁ、君も知ってると思うが、退職後はもう一度試験受けて登録しなおさな いとダメなんだよ。だから、早くても再来月一日から、だね」
「え…」
「まぁ、これも何かの恵みだと思って、1ヶ月ゆっくり休みなよ。それくらい 休んでもバチは当たらないだろうから、ね」
「は…はぁ…」

新規一転、再出発…は先の話となり、何か拍子抜けした気になった。

(まぁ…確かに1ヶ月くらい休んでも、いいか…)

考え直して1ヶ月、ゆっくり休む事にし、再来月よりまた目一杯営業をしよ う、と前向きに考える加藤であった。

 

5日後、加藤の携帯がなった。桃田からである。

(あ…そういえば、今月の登録試験の手続きがあるとかいってた…よな…)

その手続きでの電話と思っていた加藤は、次の桃田の言葉に絶句した。

「あ、加藤君?君、まだ籍抜けてないねぇ。籍を抜かないと、2重登録は出来 ないから、今月の試験は間に合わないかもしれないよ。だと…6月になるかな ぁ、早くて」
「え、え???」
「もしかしたら、引き止められてるんじゃない?ちゃんとケジメを付けてこな いと、ね。また、状況が変わったら電話頂戴よ。俺にはどうする事も出来ない から、これは」

籍が抜けていない…だから、登録出来ない。。
何故だ?退職手続きの書類、書いたのに。。
籍が残ったままでは…他にはいけない。。

新規一転、頑張ろうと思っていた矢先、カウンターパンチを綺麗に貰った気がした。

(ただ…少なくとも2ヶ月、、なにもしない訳にはいかない…よな。。だから といって、いつ登録されるか見えてこない現状で挨拶周りの飛び込み…なんて しても…なぁ…さて、、そうしたものか…)

前の営業所の事が気にならない訳ではなかった。
もしかしたら、何か問題になっているのかもしれない、と。
(加藤の想像以上に大ごとになっているのであるが)

が、加藤の決心は堅く、前の職場に戻る、という選択肢はこれっぽっちも持っ ていなかった。

(取りあえず…ボーっとしてる、、か)

空白の時間の中で、加藤はひとときの休息を取る事にした。
加藤のこれまでの習慣、、朝6時に目覚ましをかけずとも起きる…という事が なくなるのに、まる一週間程要した。

1週間。
加藤がホントに心から休めた時間はこれだけであった。
(多いか少ないかは不明)

その後は…まるで自分が犯罪者にでもなったのではないか?という程の気持ちに苛まれていた。

・携帯……1日100回前後の着信。うち留守番電話が50件前後 (24時 間かかっているという状況)
・訪問……1日平均3人程。 (実家談)
・電話……鳴りっぱなしなので、コードを抜く(実家談)

※当時は、北氏から借りたマンションと自宅を往復するような生活であった

いったい何の嫌がらせか?と思うこの記録は、日生関係者からのものである。
内容は…全てが「戻ってきてくれ」である。

最初のうちは、ちょくちょく面談などして話をしていた加藤ではあったが、想 像以上の話にまず驚いた。

・城山が左遷(加藤に対する対処)
・営業所の自由移動(加藤)
・ランクの無条件2段階up
・特別賞(?)として、○百万支給

何があったかを直に見ていないが為、どういういきさつでこうなったのかは知 る術もないのであるが、加藤の復帰に対しての条件提示は凄まじいものがあったのは事実である。
(特別賞は恐らく最後の置き土産に対するfeeであると想像)

条件を持ってきたのが、営業部長ではなく、支社長であった、というのも驚き の要因の一つであった。

(・・・よく分からないけど、想像以上に自分は評価されていた、、のかな?)

さすがにこの条件を出されて嬉しくない、といえば嘘になる。
かなり心が動かされたのは事実である。
が、加藤の決心は変わる事はなかった。
もう後戻りはしないのだ、と。

最初のうちはわざわざ訪問にあわせて自宅にいるようにし、対応していた加藤 ではあったが、同じ対応を何度もしていくうちに、嬉しさよりも「うざったさ」が上回るようになっていった。

内容はともかく、これだけの着信・訪問があると、人は精神的に参るものである。
借金取りの電話等でノイローゼになる人がいる、とは聞いた事はあったが、 「なるほどね」と思わずその人達の気持ちが分かったような気がしていた加藤 であった。

面白いもので、最初こそ下手の丁寧口調だったものが、徐々に語気が強くなっ ていき、いつの頃からか怒鳴り口調に変化していく…って、これは893そのものではない…か。

「お前は会社に対する恩も何も感じないのか!」
「お前は何様のつもりだ、こっちが下手にでりゃいい気になりやがって!!」
「お前なんて、他にいっても上手くいく筈ないわ!!」
「この人間の腐った馬鹿野郎が!!」
etc...

恐らくもっと酷い事をいわれたであるが、覚えていない。
いつしか加藤は心を閉ざし、対応もしなくなっていった。
(当然の事であろうが…)

2ヶ月間。
誰知れず、加藤への行為は、一生消える事のないトラウマとして残っていく事になる。
あまりにも惨い点が多いので、他の詳細は略。

余談ではあるが、この時の事がきっかけで加藤は今現在に至るまで携帯を持ち 歩く事はなくなった。
(基本的に電源はいつもoff。どうしても必要な時だけ電源をonにする、、と)

「おいおい、たくみ氏の電話繋がらないじゃんかよ!」

なんて方、もしかしたらいるかもしれませんが、こんな過去をしょってるんです。。
(後で書きますが、さらにだめ押しの出来事もありまして。。)
(ん?HPにも書いたかな??架空請求ってヤツも経験。。)

 

加藤にかりそめの自由の時間が訪れたのは、日差しが強くなった7月の事であった。

(これから…どうしよう…)

直接、営業とは関係のない出来事ではあったが、次の職場でも同じような事に なったらどうしよう…という何ともいえない不安さが加藤を包み込んでいた。

(これだった…ら、1人でやった方がラクじゃないの…か?)

アリコへ転職…という道は、2ヶ月の出来事で自ら閉ざす形となった。

(代理店…という道も、、ある…かな?)

北氏より教わった覚えたてのPCでのネット閲覧にて、各社の代理店制度を慣 れない手先で検索をかけてみた。


<挿話>

入るのは異様に簡単だが、辞めるのが非常に難しい。
保険業界の暗黙の了解ともいえる事実です。
(国内生保の話ですね。893や暴走族を抜けるという例えだと分かりやすいかも)

今でこそ、そこまで辞めるのは難しくなくなったと思われますが、「どうやっ て辞めたらいいですか?」等という相談を何度受けた事か。。
(当たり前かもしれないですが、成績をあげていればいる程辞めづらい)

なんていうんですかね、一種の宗教とでもいえばいいのでしょうか。

「うちを辞めたら、人生の落伍者的烙印を押される」

とでもいえばいいでしょうか。
(とにかく、ボロクソ言われます)

自分の場合は、、恐らく一般よりもかなり特殊だったっぽいですが、、
えぇ、この時の経験より、自分が会社に所属するのが怖く思うようになった、、と。
(当然、全ての会社がそんな感じではないとは頭では理解出来ても、心の奥底 にて恐怖感は植え込まれてしまったのでしょう)

携帯電話においても同じでして。。
とっくの昔に携帯の番号を変えて、住居も全く変わったからまず当時のような 電話がかかってくる事はないと分かりつつも、、当時の恐怖が頭にこびりついているのか、携帯を持つと未だに心臓がドクドクします。
ま、単に自分が精神的に弱いだけなのかもしれないですが、ね(笑)
(と、精神的に弱いだけだよ、君は!という人には「じゃ、同じ経験してみろよ!」なんて突 っ込みたくなる自分もいる)

 

自分には意外な過去がありまして、学生時代に営業のバイトをしていたという 話は知っている人は知っているかと思いますが、当時は「テレアポのプロ」だったんですね。
はい、受話器を耳に押し付けて何時間も電話をかけ続ける〜なんて事は別に当 たり前でして。。そんな自分が、電話恐怖症になるなんて、、なんか皮肉ですね。
(学生時の営業時代を知る人がいたとしたら、信じられない事の筈)

2回目にして、いきなりグロくなってますが、、暫くはもうちょいグロいです(笑)
こうご期待を?


目次><次へ

ホーム | 大きな声では言えない生保会社の裏事情 | なんでも生保ランキング | 電子書籍の部屋 | 掲示板
Copyright © Your site. All Rights Reserved. 保険クリニック裏病棟