ホーム | お問合せ

目次

最終更新日:'10.12.10

目次
第01話
第02話
第03話
第04話
第05話
第06話
第07話
第08話
  :
※過去の営業手法をまとめた
 電子書籍を販売中。
 興味ありましたら是非!
ストレスのたまらない
 保険営業の仕方

楽しい生保営業の仕方(第2弾)
スランプに陥った時に読む保険営業本(第3弾)


第3話-新たなる光

7月。
1ヶ月の作業の流れを。

加藤は片っ端から各社保険代理店の資料を取り寄せた。
意外に思ったのが、「異様に簡単に代理店になれるのでは?」という程、ササ っと資料を各社おくってくる点であった。

(…なんじゃこりゃ…話が…違うじゃないか…)

心の中でつぶやく加藤。
それもそのはず、日生時代に加藤が聞いてきた事…

・代理店は10年以上勤務した人しかなれない
・ある程度の成績を収めて会社の推薦がなければなれない

まず一般的にはなれず、夢のまた夢…憧れに近い立場…であると嫌になる程叩き込まれていたからである。

で、さらにビックリする事が。手数料である。

「な、なに?保険料の●9%???」

各社それぞれではあるが、軒並みに皆30%以上という手数料となっていた。
手数料体系が違うので一概にいえないが、日生時代の5倍…下手したら10倍 はいいのではないか、と思われる手数料に、ただただ目が点になる。

(ほ、保険って…こんなボロい商売…だった…んだ。え?じゃ、会社は一体ど れだけ儲けがあるんだ??)

何となく、違和感を覚える加藤。パっと見の印象は「ボロい」と思った。
が…次に浮かぶ事は「一般人」の事であった。

(ざっと見て…半分以上くらいは…会社経費…いわばボッタという事になる…よ な。。原価っていくらくらいなんだ???)

大学こそ、文系であった加藤ではあるが、本質はバリバリの理系、マニアック な所では数学コンクールたる所で入選(?)した事がある頭脳が久しぶりに知 らぬ間に働いていた。
この気づきは、後に加藤の人生…進むべき道が切り開く事となるのではある が、この時点ではかなり弱い疑問、事柄としか捉えきれていなかった。

代理店資料をザックリ見渡してみる加藤。
そこで、各社の保険商品をじっくりと見比べてみた。

(え?保険料って皆同じだと思ってたのに…案外違いがある…んだ…2割くら い…違う?)

しごく当たり前の事(?)ではあるのであるが、加藤にとってはかなりの衝撃 的出来事であった。同じ商品・内容なのに…値段が違う…ならば安いものを組み合わせればよりよ い提案が出来るようになるのでは…ないのか??
ここで浮かんだのが、今では全然珍しくない「複合代理店」への道であった。

取りあえず、丁寧にメールまで来たアリコとスカンディアにアポを取り、面談した。
スカンディアに関しては…ある意味親切(?)な対応だったかもしれない。

「え〜、うちですか?正直、うち一本だとキツいですよ。変額しかないですか ら。どこかと絡めて複合でやるのならいいでしょうが、最初からは複合で出来 ないですし。ノルマ(?)も大体月3件くらいになりますから…変額の需要は そこまでないですしね」

26歳の若造に対する断り文句だったのか、本音なのかは分からない。
が、自社の商品について冷静に市場を判断しての対応は今思ってもすばらしい ものだったかな、と。

一方、アリコは…「あぁ、いつでもいいですよ。サポート体制もしっかりして ますし、大体の商品も揃えてますからね。元生保ですか、そりゃ頼もしい。是 非とも登録して下さいよ」と、非常にあっけなく、といっていい程、代理店になれる事が決定…。

あまりにもあっけなく次が決定した加藤ではあったが、何か心のどこかにひか かりがある…のも事実であった。

それが何か明確になるのはもう少し先の事ではあるのであるが…

登録の兼ね合いより、9月以降に動ける事をしった加藤は…また1ヶ月半程の ヒマな時間が出来てしまった。

この1ヶ月半。
加藤の人生は大きく動く事となる。


<挿話>

別にここにいる人は何の驚きもないでしょうが、保険会社に所属している人か らみれば代理店の存在は遙か彼方先の頂だったりします。よく分からない例ですが、競馬でいえば「ダービー馬になる事」という夢とで もいえばいいでしょうか。

が、現実は「別になんて事はない、誰でもといって過言ではない程、簡単にな れる」ものだったのですね。なんていうんでしょうか、「どれだけ探しても見つからなかった捜し物が、実 はデパートに山積みになって売っていた」という心境ですね。

で、代理店手数料を見た時も「なんじゃこれ?」でした。
自分が間違っている感性なのかどうかは不明ですが、「いい商売じゃん」と思 うのではなく、「これ、ヤバいじゃん」と。
(何か、売るのが怖くなる、これだけfeeがいいと)

かなりのボッタクリじゃん、しかも業界全体で〜、、と薄々と感じ、以後「海外生保」の存在を調べるようになったのは言うまでもありません。
(かなり遠回りしてますが、現在のオフショア市場もののきっかけとなったの が、代理店feeを見たから、だったりしますね)

保険料に各社差がある、というのも「んなもん、当たり前じゃん」と突っ込まれそうですが、当時は衝撃でした。

同じ商品で、何故に差があるねん?と。

 

人生とは皮肉なものでして、仮に日生の退社後の経験がなければ自分は普通に サラリーマンやっていたでしょう。
(恐らくはアリコで働いていたでしょう)
元々、自営なんて発想は全く持っていなかったので。

で、代理店という存在を夢見て〜という、ごく平凡な(?)日々を送っていたでしょうね。
代理店の手数料を見る事がなければ、海外になんぞ目を向けなかったかもしれ ないですし。。

色々な皮肉が重なりあって、自分の進む道は全く想像の出来ない方向へと進んでいきました。
(ここらの流れは未だあまり変わっていないかもしれない。。)

自分の活動の原動力は「怒り」ですが(笑)、結果論だけでいえば日生には感謝しなくてはならない、、んでしょうね。。


目次><次へ

ホーム | 大きな声では言えない生保会社の裏事情 | なんでも生保ランキング | 電子書籍の部屋 | 掲示板
Copyright © Your site. All Rights Reserved. 保険クリニック裏病棟