ホーム | お問合せ

目次

最終更新日:'10.12.10

目次
第01話
第02話
第03話
第04話
第05話
第06話
第07話
第08話
  :
※過去の営業手法をまとめた
 電子書籍を販売中。
 興味ありましたら是非!
ストレスのたまらない
 保険営業の仕方

楽しい生保営業の仕方(第2弾)
スランプに陥った時に読む保険営業本(第3弾)


第4話-保険診断

暇な時間がまたも出来た加藤。さすがに暇を持て余すようになっており、かつ焦りも出始めていた。

(取りあえず、なにかしなくては。。)

もしかしたら加藤だけが思う事なのかもしれないが、この時加藤の頭を過っていたのは「このまままた延期で働かない時期が永遠と続くのではないか?」という事であった。たかが数カ月とはいえ、日生入社以来休みらしい休みを殆どとっていなかった(入院を除く)加藤にとっては、数カ月が数年のように長い時間に感じていた。

営業能力が落ちてしまうかもしれない。
仕事が出来なくなってしまうかもしれない。
社会に今後上手く適応できなくなるかもしれない。

少々飛躍的ではあるが、このように感じていた。

(かといって、意味のないバイトとかしたくないなぁ。どうせ動くなら、今後の役にたつ事やっておきたいよな。じゃぁ、新人時代にやった挨拶回りか??いや、正直いつ代理店になれるか分からない状態から挨拶回りするのもなにかおかしいし、、、そうだ、現役時代よくやっていた保険診断を有料で飛び込みしてやってみよう!)

加藤の出した結論は、保険診断であった。
やる、ときめてからの加藤の行動は早かった。
1日で、保険診断のススメのチラシ、アンケート、実際の診断の流れの定型文章etc...
夜には診断用チラシとアンケート用紙のコピーを1000部、作り終えていた。

(さ〜て、後は明日、飛び込みするだけだ。1件5000円なら良心的な価格だし、それなりの反応はあるだろう。場所は、、今まで飛び込んでいなくて、営業所の誰もいっていなかったような所がいいな。じゃ、ココか)

新しい事を手掛ける。そして、結果を妄想する。
加藤は前後1年で一番幸福な夜を過ごした。
何ごとも結果が出るまでの想像段階が一番楽しいものだから。。

【結果、ゼロ】

翌日。
はじめての飛び込み。
まるではじめて飛び込みをしたかのような高揚感が少々心地よい。
心地よく感じていたのは、今までのそれなりに成果をあげてきたという自信から、今回の仕事の試み自体難しい事はないであろう、という思いからであった。1件目からいきなり契約がとれたらどうしよう、などという幸せな想像までしていたものである。

「ピンポーン」

記念すべき1件目の飛び込み。

「はい」

!!いきなりの応対である。これはかなり幸運の事といえる。心無しか加藤は少し興奮を覚えた。

「あ、今度○○地区の担当になった加藤といいます。それで今挨拶に回っているのですが、、」
「え?何の会社??」
「え???」
「。。。うちは結構です」

ここで重大なミスを犯している事に気がついた。
そう、会社名を全く考えていなかったのである。(FPとでもつけておけばどうとでもなったという考えは当時の加藤には思い付かなかった)

たった、1件の飛び込みで、この日は終了。

(会社名、、個人事業主になる、、んだよな。名前 、何にしよう。ん〜、保険診断サービスにでもしておくか)

飛び込み終了後の帰路、考えついた名前であるが、暫くこの事業名を使う事になる。

その後、社名入りの押し印を作成、翌日完成したものにやっつけ仕事で押し印をチラシに全部押し、また飛び込みを開始した。

(・・・・おかしい、いきなり成果が出るとは正直思わなかったけど、なんで1件のアンケートもとれないんだ?もう300件は回っているのに。。ドアあけてくれる所も数件あったのに)

飛び込み開始2時間後、加藤は一種の違和感を感じていた。過去の経験より、300件も回ればアンケートの1枚、、いや、5枚は普通にとれていたものである。トビラが開く確率もなにか悪いような気がしていた。

(ま、、こういう事もあるわな。次の100件、200件回れば、結果が出てくる筈だ)

そう思い、違和感を打ち消し、飛び込みを続行。
が、100件、200件回っても結果はいっこうに出る気配がない。
さすがに違和感が大きくなるものの、結果を求めてさらに200件回る。
それでも結果は全くナシ。

(何が、、いけないんだ?飛び込みのトークか?声の調子が悪いのか??ちょっとしたテンポがおかしくなってるのか??数カ月のブランクとはそれ程大きいもの、、なのか??)

段々不安になりながらも、なおも飛び込み続ける加藤。
夕日が沈む頃、用意したチラシは底をついた。アンケートは1枚もとれないまま。。

(。。。これはどう考えても数カ月休んだブランクが大きかった、という事だよな。早くブランクを取り戻さないと)

帰路中、このように考え、翌日の為またチラシのコピーを1000部作る。

(ま、明日はきっと上手くいく、、筈さ。ブランクもすぐ埋まる、、だろうし)

何ともいえない不安感を振り切るよう、振り切るようにしていた。

翌日、、結果は変わらず。
翌々日、結果は同じ。

日に日に、最初加藤が感じたちょっとした違和感は大きな違和感に変わっていった。

(もしかして、、この仕事は需要がないのか??)

4日目、その疑問が解消する一つのヒントとなる所へぶち当たる。

「え?何?保険診断サービス??ちょうど保険を考えていた所なのよ」
「!!あ、ありがとうございます」
「で、おたく、どちらの保険会社なの??」
「え、いや、どこの保険会社に所属している訳ではない、コンサルサービスですが」
「え?コンサルサービス??で、お金取るの??それっておかしいじゃん。保険会社の人なら、無料で提案してくれるでしょ?」
「いや、どこにも所属していないから、公平な立場で保険診断出来る、という主旨でして、、」
「・・・よく分からないけど、保険を提示してもらうのにお金払う気にはなれないから、うちはいいや」
「・・・」

その日はかなり当たりがよく、同じように保険を考えているという所に数件あたる事となった。が、どこも同じ解答であった。

加藤の疑問が、確証に変わった瞬間である。

(うぅ、、FPサービス自体、仕事として早すぎたのか。そもそもFPといってどこも知っている人いないし。。えぇい!このムシャクシャ、メルマガに書いてやれ!!)

当時、加藤は限り無く趣味で1つのメールマガジンを発行していた。保険会社の裏事情を主に扱った内容が受けてか、金融ネタとしては珍しい8000部前後の読者がいた。いわば、加藤のストレス解消としての役目も果たしており、様々な暴露ネタを密か(?)に発信していたのである。

ストレスをまるでぶちまけるかのように、ここ数日間の記録を書き連ねる。
そして、最後に2行だけ、「もしも有料でも公平な保険診断に興味ある人、いらっしゃいましたら連絡下さい(笑)」と、何げなしに書いたのであった。まさか、この2行が今後の加藤の人生を大きく左右する事となるとは夢にも思わず。。

 

【意外な反応】

翌朝、もう飛び込みする気力がなくなった加藤は、珍しく朝からPCの前に座り、メールチェックをしていた。(暇でする事がなかったので)

「ん??なんだ、、これ??」

1件、1件、、さらに1件、、20件前後の「公平な保険診断の依頼」というメールが届いていた。一瞬何の事か意味が分からず、1件1件メールを見ていると、、先日のメールマガジンを読んだのですが、という書き出し。

(そ、そういえば、、そんな事サラっと書いたような気がする、、よな。。)

3500件前後回って全く反応がなかった保険診断が、皮肉な事にメールマガジンの、何気ない2行のみの言葉だけで、実に20件近くの反応があったのである。

(え??じゅ、需要はやっぱりあるの、、か??)

まさかメールマガジンで仕事をする事になるとは夢にも思わず、全く実感のないまま、恐る恐る「3000円で」と提示してみる。その日の夜には、殆どの人が「OKです」という返事が。

(も、もしかしてこれは商売になる、、のかも)

一筋の光が、加藤に微笑んだ瞬間であった。

(これで、食べていける事が出来るかも)

仕事が出来る、それだけが加藤は嬉しかった。
が、数日後、加藤は地獄を味わう事となる事を知らない。


<挿話>

自分だけでしょうか?
何もしていないと、漠然とした不安感を感じてしまうのは。

この時のトラウマなのかよく分からないですが、自分は未だに「1日、まるっきり仕事を忘れてリフレッシュする」という事が上手く出来ないんです。はい、例え30分、、1時間、、いや、2時間でもPCの前に座ってなにかやっていないと、何ともいえない不安感に襲われるのですね。(さすがに熱が39度とかになっている時は、何も考えずに寝てますが(笑))

転職をして、空白期間を過ごしたという人はあまりいないかもしれないですが、同じように感じませんでした?

「もう、俺は社会で上手くやっていけないかもしれない、このままじゃ」

とか。

この不安感、焦燥感がなくなる日は、、恐らく「セカンドライフに入るだけの十分な資金が出来てから」はじめてなくなるんでしょうな。。

 

当時、まぁ今でも同じ事やって結果は同じような気しますが(笑)、今以上にFPに対する認知度は異様なまでに低かったです。はい、、正直この飛び込みは無謀でしたね。。

・今までの営業は日本生命という看板名があったからこそ可だった。
・今まで誰もやっていないような事は、理解してもらうのに時間かかるし、営業力も必要。
・市場が名古屋(=閉鎖的)という地区だった(笑)

はい、何度もいろいろな所で書いてますが、自分は本当の意味での営業力は皆無に等しいです。まぁ、、結果なんぞ出る筈はないですわな。

ホント、シャレというか愚痴の一環で書いたメルマガでの反応があるとは夢にも思いませんでした。(今でこそ、こうこう、こういう理由で反応があったんだよ、という理由付けは可能ですが。。)

大きく誤解をしている人もいるでしょうが、基本的に自分は完全なアナログ人間。
ネットで商売、、なんぞ、自分がする事になるとは、この時でもまだ全く思ってませんでした。

次回あたりから、、自分の暗黒時代公開です(笑)


目次><次へ>

ホーム | 大きな声では言えない生保会社の裏事情 | なんでも生保ランキング | 電子書籍の部屋 | 掲示板
Copyright © Your site. All Rights Reserved. 保険クリニック裏病棟