ホーム | お問合せ

目次

最終更新日:'10.12.10

目次
第01話
第02話
第03話
第04話
第05話
第06話
第07話
第08話
  :
※過去の営業手法をまとめた
 電子書籍を販売中。
 興味ありましたら是非!
ストレスのたまらない
 保険営業の仕方

楽しい生保営業の仕方(第2弾)
スランプに陥った時に読む保険営業本(第3弾)


第6話-お金がない!

日生時代、加藤はそれなりに収入があった。それこそ、身の丈以上の収入が。自身は業界の中では非常に堅実でお金遣いも荒くない、、と思ってはいた。が、あくまでもそれは業界内での話。知らない間に加藤の金銭感覚は保険業界のソレに染まっていたのである。

日生時代から収入は激減、かつメルマガ停止にて収入は途絶え、かつ金銭感覚は狂ったまま。

それにより訪れる出来事は、まさしく必然なのは誰の目にも明らかではあったが、当時の加藤はそれに気付かないでいた、その時まで。

ある日、いつものように財布のお金がなくなったので銀行へ引き出しに出向いた。いつものように5万円、引き出そうと試みたが、エラー。ならば、と3万円、、これまたエラー。ん?と思い、残高を調べて見ると、、そこには信じられない数字が。

残高:7543円

「え???」

大げさでも何でもなく、その残高を見て数十秒たたずむ加藤。この残高が意味する事、当たり前の話ではあるが「お金がない」という事であるが、その現実を理解するのに人の数倍の時間を要した、、であろう。

7000円強という現金、それで生活していける日数は、、数日。
収入見込みは、、メルマガ発行停止となった今、見あたらない。
働こうにも、日払いの所でなければ1ヶ月以上先。。

状況を理解した時、サーっと血の気がひく思いがした。

「どうしよう・・・」

途方に暮れながら、取りあえずフリーペーパーの求人欄を見た。
そこに一つの情報が加藤の目に飛び込んできた。

「30万円まで即日融資!10日間は無利息!!」

(これだ!!取りあえず急場を凌いで、その間に道しるべを探せばいいじゃん。確か、日生時代の先輩の話だと数社までは借りられる筈だから、数ヶ月の時間は稼げる、これだけあればどうにかなるんじゃないか?)

目の前がぱーっと明るくなる。
善は急げ、という事で数社のサラ金会社に駆け込む加藤。
3社合計60万、その日のうちに借り入れした。

(このお金は、生命線。1ヶ月20万以内に抑えるとして、3ヶ月。この間に出来る限り動いてみよう。残高10万になった時点で就職しよう)

端から見ればなんとも浅はかな行為である。
まさしく破滅への第一歩的考えなのは明白ではあるが、加藤は気付かずにいた。
皮肉な事に、生半可保険業界時代に殆ど挫折する事なくそれなりに大成したが為。。


<2匹目の土壌を狙って・・・>

「よし、HPを作ってみよう!」

最初に思いついたのがこれだった。
といっても、何の知識もない所からのスタート。
早乙女氏の知恵を借りながら、非常に拙いHPが完成するのに1週間の時間を要した。
試行錯誤の元、作成したのは「真面目な保険解説でコンサル募集」という内容。
名を保険クリニックと名付けた。

同時進行的に、2つのメールマガジンを発行。
一つは真面目な内容もの、一つは生保レディ対策マニュアルという名のもの。
「大きな声ではいえない!生保会社の裏事情」の読者が気付いて再度購読してくれる、、そう考えていた。
1ヶ月もあれば、過去のメルマガの規模くらいには容易にたどり着くもの、と。

がむしゃらに、時間の許す限りこの作業のみに没頭した。
2匹目の土壌を狙って、未来への手がかりを見いだす為に。
努力すれば報われる、そう信じて。

が、そんな努力をあざ笑うかのように現実は残酷なものである。

3ヶ月目、特に何の成果もなく、残高15万を切ろうとしていた。

(もう・・・ダメだ。このままやっていてもどうにもならない。・・・就職しよう・・・)

風が冷たく感じる11月。
新たな第2の人生を歩む為、出直そうとしていた。
が、これから行動する事により加藤は残酷な現実を知る事になる。


<挿話>

ま、自分の恥ずかしい過去話その1です(笑)。

生保営業時代より残高は見る事なくキャッシュカードで引き出すだけ〜という生活を社会人になってから続けてきていたが為、、大げさでも何でもなく残高が1万切るまでお金がなくなったという事に気付きませんでした。

で、今からしてみれば「バカじゃね?」と思うような行為でしたが、生半可それまで大きな挫折を経験していなかったが為、どうにか出来るもの、と思い込んでましたね。

余談ですが、当然ながら借金はしない方がいいですよ。借りたお金は当然ながら返さなくてはいけないもので、、毎月の返済というのはボディブローのように痛いですから。って、自分がいっても説得力ないですが、

当時作成していたものでかろうじて残っているのは「生保レディ対策マニュアル」くらいでしょうか。「保険クリニック」たるまともなHP、まともなメルマガはホント鳴かず飛ばずで、アクセス解析をするのがあほらしいくらいの無残な結果でしたね。

今思えば、そこら中に転がっていそうなまっとうな事やって短期間でどうにかなると思うのが浅はか、となりますが、当時はホント取らぬ狸の皮算用ばかりしてましたね。

減っていく現金を見るのは、、収入見込みのないモノにとってはホント命を削られる・・・そんな思いでしたね。

 

物語でさらっと触れているように、一旦自分はこの業界をすぱっと辞めて就職しようと思ってました。冗談抜きに、お金なかったですし、目も出てませんでしたし、、もういいかな、と。

ただ、現実は残酷で、、「無謀な賭け」をする意外に道は残されていなかったのです。

次回、、さらなる暗黒時代・知られざる真実公開です(笑)


目次><次へ>

ホーム | 大きな声では言えない生保会社の裏事情 | なんでも生保ランキング | 電子書籍の部屋 | 掲示板
Copyright © Your site. All Rights Reserved. 保険クリニック裏病棟