ホーム | お問合せ

目次

最終更新日:'10.12.10

目次
第01話
第02話
第03話
第04話
第05話
第06話
第07話
第08話
  :
※過去の営業手法をまとめた
 電子書籍を販売中。
 興味ありましたら是非!
ストレスのたまらない
 保険営業の仕方

楽しい生保営業の仕方(第2弾)
スランプに陥った時に読む保険営業本(第3弾)


第7話-社会的抹消・・・

「くそ、ここもダメか。。。」

加藤は苦戦していた。
就職活動、不況時という事も相まってか、ことごとくダメ。
選り好みをしているから、という事はなく、肉体労働など含め様々な内容のものであった。
電話した段階でアプローチアウトではなく、面接まで大半の所はこぎ着けていた。
中には、話があって数日後に入社をほろめかすような事をいう所すらあった。

それでも・・・ダメ。

10社程度連続で断られた時、加藤は一つの自信をなくしつつあった。
基本不器用で物覚えが悪い方ではあるものの、面談時の第一印象だけはそれなりにいいと自覚していた。
だからこそ、営業の世界でも生きてこられた、と。
その根拠は、単なる思い込みに過ぎなかったのか、と。。

ただ、一つの違和感はあった。
とある会社では、それこそ明日からでも来てくれや、といっていたのに、翌日手の平を返したように、バツ悪そうに不採用となった、、所。
そこにどうして不採用になったのか、それを確認しない事には先はないような気がして、変則的ではあるものの、その会社に再アプローチを試みた。

社会的抹消・・・

「あぁ、、あの時の・・・ホントはこのような事を伝えてはダメなんだけど、君に悪いし、知っておいた方がきっといいと思うから・・・」

たまたま運が良かったというべきか、当時の担当者が在社中で対応してくれ、ばつが悪そうに話を始めた。

「実は、ね。まぁどこの会社でもそうだと思うけど、採用を決める際には前職に確認連絡入れるんだよ。そこで君の事を聞いてみたらね、、なんか不祥事起こしたそうじゃない。会社のお金に手をつけたとか何かまでは聞かなかったけど。。だから、うちとしては問題ある人材を採る訳にはいかなかった訳なんだよ」

!!!!

衝撃な事実を聞いて、一瞬頭が真っ白になる。
この事実の意味する事、、それを理解出来た時、今度は目の前が真っ暗になる。

フラフラと立ち去る加藤の後ろから「ホントは君みたいな人事するとは思えないんだけどね。。」とボソっと言ってくれたのは、ちょっと救われた気がしたが、当時の加藤はその言葉をかみしめる余裕など一握りも残っていなかった。。

社会的抹消。。。

事実上、こういって過言ではないであろう。
何せ、前職に問い合わせをする会社の場合、間違いなく不採用になる訳であるから。。。
20代後半にさしかかろうとしている若者にとって、この事実はあまりにも重かった。。

お金が、、ない。
働く気は、、ある。
ただ、大半の所が不採用になってしまう。。。

自分がしてきた事。。
保険金不支払い問題に携わり会社と対立、退社。
置き土産が色々物議を醸し出し、非常に引き止め工作が激しかった事。
これだけ、、なのに。

意に沿わないものは容赦なく排除する。。

まるで、そうとでも言わないかのような仕打ち。
加藤はどん底に追い詰められていた。
同時に、メラメラとした反骨精神というべきか、怒りというべきか、こみ上げていた。

このままでは、のたれ死んでしまう。
残された道は一つだけ、自営で生き残る事。
ただ、普通に生きていく道は、、考えない。

「クソ・・ただでは死ぬものか。。ぶっ潰してやる、業界を・・・!」

味方、ゼロ。
財力、ゼロ。
これといった知恵、ゼロ。

加藤の孤独で無謀な戦いが、はじまった瞬間であった。


<挿話>

ま、自分の恥ずかしい過去話その2です(笑)。

人はよく自分の事を「独立系FPなんて凄い、自営なんて凄〜い!」なんて羨みますが、とんでもない。。好きで自営を選んだ訳ではなく、それしか道がなかっただけなんです。

なにせ、そこらの営業職はもちろんの事、仕分け工場や警備会社、パチンコ屋ですら就職断られたくらいなので。。ホント、就職という道は当時は閉ざされていたんです。

前職に問い合わせ、それを阻害される。。20代の若者にとってそれって、社会的抹消とホント同じ意味持ちますからねぇ。。

基本、自分の原動力なんてのは大した理由はなかったりします。

なにくそ、という反骨精神というか何というか。

裏病棟発足時は、ホントこれだけで動いてました。

 

自分は別に大した人物でも何でもありません。業界を良くしよう、とかそんな大層な事は当時考えてませんでしたし、単に業界をぶっ壊したかった。

恐らくは過去に自分と同じような経験をした人もいるでしょうし、第2・第3の自分が生まれるのも頂けなかったですし。

「業界再編するには、一旦真っ新にしてしまった方がいい」。

ま、今でもそう思う自分はちょっとアブナイ人ですかね?(笑)
って、個人が動いた所で業界はびくともしないのが現状ですけどね。。。

次回、、久しぶりに快進撃(?)の話です。


目次><次へ>

ホーム | 大きな声では言えない生保会社の裏事情 | なんでも生保ランキング | 電子書籍の部屋 | 掲示板
Copyright © Your site. All Rights Reserved. 保険クリニック裏病棟