ホーム | お問合せ

目次

最終更新日:'10.12.10

目次
第01話
第02話
第03話
第04話
第05話
第06話
第07話
第08話
  :
※過去の営業手法をまとめた
 電子書籍を販売中。
 興味ありましたら是非!
ストレスのたまらない
 保険営業の仕方

楽しい生保営業の仕方(第2弾)
スランプに陥った時に読む保険営業本(第3弾)


第8話-飛躍

加藤自身が選んだもの、FPとしての道であった。

正確には結果的にFPとしての活動になるのであって、ただがむしゃらに動いていただけである。
活動場所として選んだのは「インターネット市場」。
非常に単純な発想で、一番経費がかからず、かつ多くの人にアピール出来るのではないか、と。
元手はゼロであったが為、HPスペースや掲示板、様々なものをフリー素材で済ませた。
見栄えは最低限おさえ、後はひたすら狂ったように更新、、これだけしていた。

寝る間も惜しんで、何かにとりつかれたように、ひたすら過去の出来事を書き連ね続ける日々。

言霊とでもいうべきか、単に内容が独特で他に前例が殆どなかったが為か、反響は意外に早く形に表れつつあった。
最初は、とある雑誌のホント小さなスペースに掲載。
その後、ちょくちょく雑誌に「変わり種HPとして」掲載。
主に「業界告発サイト」として認知される事が多かった。

雑誌に取り上げられるといっても、せいぜい数千円の掲載料と掲載された雑誌が送られる程度。
特に大きな収入という事はなかったものの、認知されるというのは一つの励みになり、加藤の活動量はさらにアップ。
設置しているアクセス解析は日々増え続けていった。

そして、ある日に劇的な変化が訪れる。

「なんじゃこれ??」

今までのアクセス数の10倍近くのアクセス数がいきなり。
アクセス元を見ると、yahoo japanとなっている。
調べて見ると、いつのまにかカテゴリ登録されていた。

当時、yahooのカテゴリ登録されるというのは一つのステータスであり、かつその影響力というのは凄まじかった。

さらに、「今週のオススメHP」(名前はど忘れ)に選出された事により、飛躍的に知名度があがった。

ここまでの間、約3ヶ月。
様々な幸運に恵まれ、限りなく最短にて一つの地位を手に入れていた加藤であった。

皮肉というかこれが現実というか、、ある程度の知名度を得ると、まるで手の平を返したかのように人々の反応が変わっていった。

何故か講演依頼とか舞い込んだり、何を血迷ったのか、日本生命から代理店にならないかと本社経由で誘いがあったり、、代理店依頼の話はいくらあっただろうか。。。

掲示板などで、最初は挑戦的に意見をいってくる人達もいたが、この頃になると批判的な意見を書く人は殆どいなくなったり。。

ただ、1点のみ、世間的に思われている事と現実のギャップがあった。

お金が、、ない。
ま、当然といえば当然なのだが、いくらアクセスがあっても収益に結びつかない。
なにせ、収益は当時1件5000円でやっていた保険診断のみだったので。。

順調にアクセスを伸ばし、雑誌取材や講演など舞い込み、着実に知名度だけはあがっていく。

が、それと比例するように収益は伸びない、このギャップに苦しむ。

人気絶頂時、何度か運営をやめる事を考えたりもした事は、誰もが意外に思うであろう。
なにせ、日々食べていくのが精一杯というくらいの収益にしかなっていなかったので。。

当時、HP買収というものが比較的流行っていた。
シャレで買収会社の人と面談、自分のHPを手放した場合の評価額を聞いてみた。
それは、、未だに信じられない程の高額であった。

「このHPだったら、人気の保険業種ものだしYahoo登録されているし、5000万かな。。」

理解に苦しむ程の高額評価。
理由は、新規で企業がHP作成してある程度の規模にする経費を考えた場合、人気HPを買収してしまった方が時間も節約出来るから、だそうで。。
が、結局売る事はなかった。

これだけの評価があるという事は、それ以上に稼ぐ可能性を秘めている、と捉える事も出来たので。


<挿話>

かなりはしょりました。

HPを作成するにあたり、学んだ事は、、ホームページProというHP作成ソフトの操作、後はCGIの設置方法、FTPソフトで転送くらいです。

今のHPを見て貰っても分かると思いますが、デザインは基本最低限で無頓着、ひたすらコンテンツ充実、文章量のみ、勢いで勝負というスタイルでした。

SEO対策、、多少学びましたが、それよりもコンテンツ作成のみ重視していた感が強いです。

当時から変わっていない、基本的HPの主旨は「業界の常識は一般の非常識」「少数の良心より多数の悪」をピック。

まぁ、、内容が内容なだけに異様にスパムまがいのメールは多く頂戴しました。

当時の1日の平均メール受信数、数千。

英語スパムや自動スパムの類ではない、「人から送られてくるメール」の数です。

まぁ、、人によってはこのHP自体をやめて欲しい人、多量にいたようです(笑)

収入は、人気絶頂時でも異様に少なかったです。

当時、講演など込みで月10−15万程度。

決して当時は人に自分の収入は教えなかったですが、絶対この数字をいっても信じて貰えなかったでしょうね(笑)
この収入でもひたすら続けたのは、反響が異様にあったから、それだけです。
収入はともかく、需要は非常に高いかな、と感じていたので。

次回、、IT病の話です。


目次><次へ>

ホーム | 大きな声では言えない生保会社の裏事情 | なんでも生保ランキング | 電子書籍の部屋 | 掲示板
Copyright © Your site. All Rights Reserved. 保険クリニック裏病棟