野田スカの「リビングニーズ狂奏曲」〜1999.11.04〜


☆☆☆  はじめに  ☆☆☆

今晩は、野田スカです。
最近配信してなくてもうしわけありません。
こういってはなんですが、自身の近況がそれどころではなく、精神的にヘタってしまい、毎日が眠り姫状態となっています。

さて、現在は体に異変が起こって大変な状況です。リンパ線のしこりが色々な所に増えて、悪性リンパ種(いわゆる癌)の疑いが大きくなっています。

脇の下には、小石をはさんだような違和感がではじめるし、今迄、左首筋だけのしこりが、右首筋にも現れはじめるし、泣きが入ってます。
現況報告としては以上です。

それでは、ちょっと前にお話を戻してみましょう。


◆医学ボランティアで問診を受けたときのこと◆

>8月某日

医師「首筋にしこりはないよねぇ」
スカ「(グリグリ、あれれ、たくさんあるよ)」
医師「首筋にしこりがあると、リンパ線がはれているから、ボランティアは受けられないよ」
スカ「大丈夫です、ありません。(やっべぇ)」
医師「それならいいよ、これで問診はお終いね」
スカ「ありがとうございました」

 

◆いきつけの総合医院にて◆

>9月某日

スカ「すみません」
医師「今日はどうしたの?不眠かい」
スカ「いえ、今日は、首筋にしこりがたくさん出てまして」
医師「それは大変だ、ちょっと見せてご覧」

      (触診中)

医師

「うーん、これだけ数が多いとはねぇ」

スカ

「そうなんですよ、最初は1週間くらい寝ていれば直ると思っていたんですけど、数が減らなくて困っているんです」

医師

「うーん、リンパだからねぇ、ウイルスが入るとこうなることはあるんだけど、最悪の場合は、悪性リンパ種で、完治率は70%くらいかなぁ、抗ガン剤の副作用がきついから、入院しなけりゃ駄目だねぇ」

スカ

「そんな、脅さないで下さいよ」

医師

「真実をいつも知りたがっているのに、どうしたのさ」

スカ

「いやいや、やっぱりこういった場面に直面しますと、ちょっとねぇ」

医師

「そうだねぇ、ここではこのケースに対処できないから、紹介状を書くよ、場所は東京になるけれど、知人が首筋のリンパを専門に見ているから他の所よりは、いいと思うよ」

スカ

「ありがとうございます、そこでよろしくお願いします」

※と、いうわけで、最悪のケースを考えなければならなくなりました。


◆生命保険に加入◆

>9月某日

・まずはガン保険に加入
 これは90日の待機期間があるんですけど、当面はその期間を生きていることが目標となります。
 ※他にも入った保険や既存の保険については、後日配信いたします。


◆現在の大儲け予定金額◆

リビングニーズ(余命6ケ月と診断された場合)
・2500万円

ガンと診断された場合
・620万円

トータル
・3120万円

※生存中にこれだけ入ってくれば御の字でしょう。

------------

つーわけで、自身のメルマガ発行どころではなくなってきました。
では、では。


戻る/次へ/待合室へ/TOPへ