ホーム | お問合せ

主旨?

様々な生命保険販売における話法に対して対抗する為のネタを色々掲載。

◆目次◆
きっかけ話法(1)
きっかけ話法(2)
きっかけ話法(3)
不安あおり話法
押し話法
・クロージング話法等

不安あおり話法

こないだ自分のお客さんでガンにかかった人がいて◯◯円治療費がかかったんですよ

☆解説☆

3大疾病の説明時に用いると効果的。

☆対抗☆

自分がそうなるとは限らない。
いや、ならない可能性のが高い!

また、健康保険の自己負担上限がある為、1ヶ月10万円も見ておけば十分だったりする。
先進医療(健康保険適用外)の治療を行うケースは非常に稀。

『いや、健康保険の自己負担上限があるからね。それくらいの蓄えは普通にあるし』 『共済の医療保険入っているから決行です!』

◆関連ページ◆
三大疾病保険(特約)について
三大疾病について(受取りのテクニック)
三大疾病がでたケース(投稿より)
保険料免除・生前給付議論(1)

3人に1人が癌になるんですよ

☆解説☆

病気による恐怖をあおる。

☆対抗☆

早期発見なら治るケースも多い。
それに3人に2人はならないともいえますし。

『もう癌保険入っているからいいよ』

◆関連ページ◆

+医療保険って入った方がいいの?
+医療保険に関する検証〜手数料編〜
          〜終身・入院費用編〜
          〜データ・討論編〜
+癌発生率の話

この特約は非常に多くの人が出ています。スキーとかで骨折ですとか(特定損傷)

☆解説☆

スキー・スノーボード・バイク等、相手の趣味に合わせていうと効果的。

☆対抗☆

別に損保のみ単品で入ってもいいかと。
セットで入る必要は全くない。

『傷害保険はいっているからいい』

自分のお客さんで38歳で交通事故で死んでしまったんですよ

☆解説☆

交通事故が一番興味をひく。
誰にも可能性がある事ですから。

☆対抗☆

これも損保で充分まかなえる。
ちなみに65歳まで生存できる可能性は92.7%です。

『損保でまかなえるよねぇ、自動車保険入ってるし』

保険は病気になったら入れないですよ

☆解説☆

ここから身近な例をあげていく。。

☆対抗☆

かといって絶対に必要なものではないですから、保険は。
そうなったらそうなったで他の対策を考えましょう。

『逆になにもなかった場合は損ですよねぇ。自分はその分貯金しますのでいいです』

自分の友達は26歳で心筋梗塞にかかったんですよ

☆解説☆

若くても病気になる人が意外に身近にいる事を訴える。
『あなたもなるかもしれませんよ』と暗に命じる。

☆対抗☆

大丈夫、あなたがなるとは限らない。
保険に入るより、これらの病気にならないように気をつけた方がいいのでは?

『そうならないよう気を付けます』

最近は成人病になる割合が非常に多いですねぇ

☆解説☆

相手が肥満気味だったら非常に効果的。
相手の容姿をみて糖尿病等具体的な病名をあげると効果的。

☆対抗☆

病気にならない様、予防していった方がいいのでは?

『そうならないよう気を付けます』

◯◯生命はここだけの話、アブないからかえた方がいいですよ

☆解説☆

相手が中堅生保だったら効果的。
東邦生命等の例をあげて話すと興味を示しやすい。

☆対抗☆

確かに危ない会社もあるが、かといってあなたの会社に切り替える必然性は全くない。

『じゃ、友達の**の人に相談するよ』

今入っている保険はあまりよくないですよ

☆解説☆

入院給付が低いとかなんらかのアラを探して自分の提示商品と比較して話すと効果的。。

☆対抗☆

大きなお世話。
あなたのとこの保険、そんなにいいといえますか?
所詮、無駄が多いあなたの手当てのいい保険を勧めてるにすぎない。

『じゃ、**の友達に相談するよ』

[目次]

ホーム | サイトマップ | 公平な保険診断 | 実際の保険診断の例 | 掲示板
Copyright © Your site. All Rights Reserved. 保険クリニック裏病棟