ケース別『こんなとき、国から手当金が貰える』一覧表
・赤ちゃんが産まれた時・

手当金名

取り扱い先

内容

出産育児一時金

健康保険か国民健康保険

赤ちゃん一人につき30万円(一部35万)支給される。双子の場合は2倍の60万。妊娠4ヶ月以上なら死産・流産でも支給。

出産手当金

健康保険のみ

働いて健康保険に加入している本人が分娩した時に支給(専業主婦にはナシ)。ただし退職した場合でも退職後6ヶ月以内だったら同様に支給される。分娩日以前42日目から分娩日後56日までの合計98日の期間に対し、1日につき標準報酬日額の6割に相当する額。

児童手当金

各自治体

東京都の場合、1、2番目の子に月5000円。3番目の子から月1万円。いずれも3歳まで。ただし、扶養人数によって所得制限がある。

・バツイチになった時・

児童扶養手当

各自治体

扶養する父親のいない18歳未満の子がいる母親に支給。
月41390円。(所得により一部支給、支給なしとなる)
2人目は月5000円、3人目以降は月3000円。

・病気やケガで会社を休んだ時・

傷病手当金

健康保険

3日以上会社を休み、その間給与が支払われない時、一日につき標準報酬日額の6割。支給期間は1年6ヶ月以内。

・死亡した時・

埋葬料

健康保険

被保険者が亡くなった時家族に支払われる。標準報酬月額1ヶ月分(最低保障額10万)。家族の場合は、家族埋葬料が10万。

葬祭費

国民健康保険

被保険者が亡くなった時、葬祭を行った人に3〜7万円。

TOP