●大きな声では言えない保険会社の裏事情 vol.20 00/11/25

-------------------------------------------------------

たくみです。
さて、現在自分にはちょっとした野望があります。

・圧倒的有利な利率運用である海外商品(保険)を日本に紹介する。
・損保(自動車)の優良代理店を皆さんに紹介する。

今のところ、こんな感じです。

まず、海外保険について。
ホント、日本の商品比較してるのがバカらしくなってくるぐらい、いいです。
もうちょっと研究・調査をした段階で皆さんに紹介していこうと思います。

そして損保(自動車)について。
最近、『安い損保会社は◯◯』なんていう比較のところが流行っているみた
いですが、自動車の保険に関していえば、『事故した時の処理や示談サービ
ス』が全てだと個人的に思います。
いざという時、役にたたない保険では意味ないですからね。

それで考えているのが、『優良代理店(損保)』の紹介。
数人は知り合いがいるのですが、さすがに全国となるとサービスが出来ない
ですから、とりあえず『優良代理店(損保)』の方を募集したいと思います。

よかったら損保の代理店の方、メール下さい。
JAの損保とか、クソと思っている人、大歓迎です(爆)

 

今日は『たくみの野望〜海外進出〜』をお送りします。
ん〜、内容は難しいですね〜。

では、どうぞ!


☆たくみの野望〜海外進出〜

かなり前から海外の情報を取り入れています。
以下のやりとりは『某海外在住のFP』の方とのものです。
なにか参考になるかなぁと思い、掲載しておきます。

※以下は実際に海外のパンフを送ってもらってからのものです。

 

>◆たくみ→某海外FPの方_____________________

たくみです。
資料、届きました。
当然ながら全て英語でしたね。
なんとか辞書と格闘しながら読んでいるところです。

> 予定利率の引き下げ論議も相俟って、海外&オフショア生保に
> 対する関心は、かなり高まってきていますね。特に、税理士さんが
> 熱心でした。20億円以上の保険金額をつける高額終身保険を
> 使った相続税支払資金確保のためのスキームは、日本では
> ほとんど知られていないらしく、皆さん、興味津々でしたよ。

これはバブル時期にやっていた銀行・生保による変額と同じみたいなものですか?

で、頂いた資料で何点か質問があります。

・リビングニーズが別途お金が必要との事ですが、日本と全く違う内容なんで
 すか?
・終身は『確定利回り』なんでしょうか?
・『元本保証型投資信託』みたいなものがあると聞きましたが、保険でもある
 のでしょうか?
・『契約者保護』はどこのものが適用になるのでしょうか?
 (日本人だから日本とかいうわけではないですよね。香港なのか、現地なの
  か、そしてどのような保護があるのかが気になりました)
・香港は無税と聞いていますが、本当なのでしょうか?
・日本において、各国の保険に対する事がかいてある本などはないでしょうか?
 (日本語でかいてあるとありがたいものですから)

ざっとかいてみました。
現時点で『公平な保険診断』をやっていますので、以後お客さんに海外商品の
案内をしていきたいと思っております。
数字だけみれば、どうコロンでも海外のがいいですからねぇ。

 

あと、韓国の保険事情なんてわかりますでしょうか?
(読者から質問があったものですから)
どうやって調べたらいいでしょうか?
教えて頂くと幸いです。

> 提携先にも、必ず、少なくとも一度は、香港にいらして、ご自身で
> 銀行口座を開いたり、保険契約を結んだり、「体験」して頂いて
> います。ご自分がやったこともないのに、お客様に説明することは
> 不可能ですからね。海外に対するアレルギーを取るのにも、体験が
> 一番です。

当然ですね。
来年には現地へいこうと思っております。
ホント、知らないものが損をする時代ですね。

では。

 

>◆某海外FPの方→たくみ_____________________

たくみさま

明日は勤労感謝の日でしたね。日頃の疲れが取れますように。

> これはバブル時期にやっていた銀行・生保による変額と同じみたいなもので
> すか?

どうしても融資をつけて欲しい(それだけ、流動資産がない!)という方には
、銀行融資も考えますが、基本は、融資なしです。キーワードとして、海外の
法人設立、保険金の名目で日本に資金を持ち込まない、の2点が挙げられます。
バブル期の銀行+生保の仕組より、もっと健全ですし、大掛かりで複雑な仕組
ですよ。

 

>・リビングニーズが別途お金が必要との事ですが、日本と全く違う内容なんで
> すか?

保険会社にもよりますが、27〜30大疾病をカバーします。別途保険料が必
要なものは、死亡保険金とは別建てで出るものです。(つまり、死亡保険金の
前払いではないんですね。)

日本のは、保険料がいらない替わりに、保険金の前払い、しかもしっかり金利
分を差し引くそうではありませんか。高度障害の認定も、余命半年の認定も、
実際はあまり取れないようですね。

海外のリビングニーズは、クリティカル・イルネスとも呼ばれ、死亡保険金は
要らないという頑固な保険嫌いの人にも、結構、好評なんですよ。
リビングニーズを主契約とすることもできますから。

 

>・終身は『確定利回り』なんでしょうか?

確定保証利回りがあるものと、ないものがあります。あったとしても、定期預
金よりも低い4%(米ドルの場合)程度なので、気休めぐらいにしかなりません
ね。
特に香港人や欧米人は、確定利回りにかかるコストと引き換えに、将来の収益
機会を放棄するというのは、それ自体が大きなリスクと考えます。

2〜3年で解約することが前提ならいざ知らず、保険契約は長期に及ぶものな
ので、保守的な運用では、インフレヘッジにならないことが、分かっているか
らです。(もちろん、日本のバブル期の変額保険のように、単一国の市場に、
勝負を賭けるような、危険なマネはしません。通貨に関わらず、国際分散投資
が基本中の基本です。)

>・『元本保証型投資信託』みたいなものがあると聞きましたが、保険でもある
> のでしょうか?

元本確保型のファンドで運用する保険、というのがあります。
Scottish Life Int'l の十八番です。パンフ見てくださいね。

 

>・『契約者保護』はどこのものが適用になるのでしょうか?

生命保険会社の登記地です。例えば、オフショア生保のほとんどがマン島で設
立されていますね? マン島は、イギリスとは別に、独自の契約者保護条例が
あり、生保のLiabilityの90%は、各生保の積立金(預金保護機構に銀行が拠出す
る保険料のようなもの。保険契約者保護機構では、既に機能していませんが)
によって、保証されます。

香港は、ただの支社(日本の銀行で言うと、本社に対する支店のようなもの)
ですから、契約先は、マン島や、スイスなどになります。

 

>・香港は無税と聞いていますが、本当なのでしょうか?

本当です。香港では、保険金、保険の解約返戻金・満期返戻金、保険から受け
る配当・一時金等、全て無税です。

株や債券の譲渡益や配当、預金の利息なども、非課税です。すごいでしょう?
でも、法人税や所得税、相続税はありますよ。(16〜17%と低いですが)

残念ながら、日本居住者が、香港でキャピタルゲインや、保険金を得た場合、
香港政府には、ビタ一文払う必要はありませんが、日本で納税義務が生じます。
これを知らずに、香港で預金をしたり、株の売買をして、知らん振りをしてい
ると、脱税行為になります。この辺りを説明せずに、何でも、香港なら非課税
、と叫んでいる「自称プロ」がいるので、いやになりますね。

 

>日本において、各国の保険に対する事がかいてある本などはないでしょうか?
>(日本語でかいてあるとありがたいものですから)

ろくな本は出ていませんね(笑)。誰も本当のところは知らないので、聞きづ
てに書いているだけです。嘘八百だったりもします。

 

>現時点で『公平な保険診断』をやっていますので、以後お客さんに海外商品の
>案内をしていきたいと思っております。

頑張って下さい。お客様を選べば、たくみ様の株があがります。誰かれなく宣
伝してしまうと、「胡散臭いやつ」になってしまいますので、ご注意下さい(笑)

 

>数字だけみれば、どうコロンでも海外のがいいですからねぇ。

長期で見れば見るほど、差が大きいですよね。もう、為替リスクなんて、目じ
ゃなくなるでしょう?

 

>あと、韓国の保険事情なんてわかりますでしょうか?

さぁ。韓国は、まだまだ保険普及率が低い、ということしか聞いたことがあり
ません。銀座の東邦生命のビル(今は、どうなったのかな?)の地下に、とて
も胡散臭い代理店があって、そこが、韓国の保険は安いから、と、ウォン建て
の保険加入を斡旋していたことがありましたね。

もしかしたら、もう、その韓国の保険会社もとっくの昔に破綻しているかも知
れませんね。(例の危機で・・・・) なんでも、初年度支払保険料の120%が
代理店に入るので、おいしくて辞められない、と言う話でしたよ。これでは、
加入者が浮かばれません・・・・。

 

>ホント、知らないものが損をする時代ですね。

これからは、情報と資産の2極分化が進みます。そうなると、有料でもいいか
ら、厳選された情報が欲しい、ということになって来ます。

日本のファイナンシャルプランナーで、海外やオフショアものに詳しい人は、
1時間当たり2万円〜5万円、提案書がつくと50万円なんて言う荒稼ぎをしている
人もいるそうです。これに対して、「それは高い!」と言う人が、わずかしか
おらず、「本当にプロで、貴重な情報なら、そのぐらい妥当なんじゃないの?
」という意見が大半でした。

ガンバレ、たくみさん。私が送った提案書に50万円の値段がつくらしいです(笑)
私は、とてもおこがましくて、そんなことできませんけれど。

まだ、その程度の世界です。これからが勝負です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

と掲載しましたが、いかがでしょう?
リビングニーズという言葉の意味が違ったり、『利回り4%程度』を『収益機
会を減らすリスク』と考えたり、ヒジョーにカルチャーショックを受けています。

保険や財産の100%を海外でというのはさすがに抵抗あるでしょうが、何割
かは海外運用はアリではないのかなぁと思う今日この頃です。

以前、大橋巨泉(漢字がこれでいいかわかんないです)がテレビでいっていた
事をふと思い出しました。

『オーストラリアでは老後は別送を買ったりと、自分と同じくらいの生活をし
 ている、一般の市民が。これは金融の違いだよ、日本じゃムリだね』

などとえらぶってしゃべっていたのを『な〜にエラそうな事いってんだよ』と
当時は思っていましたが、現在は『あなた、実はいい事いってたんね』と思う
今日この頃です。

ご存じの通り、まだ自分は勉強中です。
まだ海外の商品を紹介していく事はできません。
が、近い将来紹介できるようになると思います。

現在はまだ『保険をなるべく必要保障額にあわせて保険料出費を抑える』事し
かできませんが、いずれ『保険料を抑え、その余ったお金で有利な金融商品』
を紹介できる様になると思います。
御期待ください。

ではでは。

目次へ
次へ
裏事情topへ
裏病棟topへ